昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「譲りたくないという気持ちで熱中して書いたのは久しぶり」ジェーン・スーの“表情が変わった”推しと過ごした1年

ジェーン・スーさんインタビュー#2

2022/01/21

source : ライフスタイル出版

genre : エンタメ, ライフスタイル, 読書

 強くも柔軟な芯を感じさせる鋭い視点とリズミカルで機知に富んだ話し方で、多くの女性から絶大な支持を集めるジェーン・スーが刊行した新著『ひとまず上出来』が話題を呼んでいる。

 前編にて、歳を重ねることで生まれる不安や恐怖について聞いたところ、「ネガティブなことを思い続ける集中力がない」とあっけらかんと答えたジェーン・スー。後編では、SNSで話題となったコラム「ラブレター・フロム・ヘル、或いは天国で寝言。」、そして今後の10年についても聞いた。

◆◆◆

大体のことはどうでもいいことだと気づいた

――前編では仕事を手放す怖さはないと断言していましたが、仕事がなくなるかもしれないとか、お金がなくなるかもしれないと不安になったりすることもないですか?

ジェーン・スー(以下、スー) 仕事は選ばなければなにかあるだろうし、お金は貯めたのでなんとかなると思ってます。だって、1人だもの。もちろん、大きいマンションとかは買えないですよ? ほかの人と比べたら、それで大丈夫なの? 足りるの?って思われるような金額かもしれないけれど、現時点では大丈夫だと思ってます。

 

――本著のエッセイによると、心理テストの結果、スーさんの中で潜在的に仕事が一番だと出ていましたが、今後、仕事のプライオリティが変わることはありますか?

スー それはないと思います。でも、もしかしたらジェーン・スーじゃなくなって本名に戻った時には、“あぁ、やっといるべき場所に戻ってきた”とほっとするのかもしれない。(今のポジションは)自分で獲得してきたものじゃないですし、勝手に付帯しいきたものですからね。それに、大体のことはどうでもいいことだと気づきました。

『ひとまず上出来』

たまに小さいこととかをどうでもよくないって思う自分もいる

――いつ気づいたんですか?

スー 40代に入ってからかな。たぶんですけど、常に不安に思ったり悩んだりしてる人は、いろんなものを大事にしているのだと思う。私はほとんどのことがどうでもいい。失ったらどうしようとか得られなかったらどうしよう、壊れたらどうしようとか、先回りして思わないんです。考える能力が欠如してる。

 といっても、たまに小さいこととかをどうでもよくないって思う自分もいるんですけどね。私はものすごく欠損した状態だと思っているような。そんな思春期みたいなことを考えてるなと実感した時は、“おぉ、来た来た! 懐かしいぞ、この感じ”って思いながら楽しんでますよ。くちゃくちゃと音を立てながら、おいしいおいしいと噛みしめてね。