昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

まるで子役とステージママ…工藤静香とKōki,“母子密着”の舞台裏

「ついついモデル立ちしてしまう癖や英語なまりの日本語が抜けず、苦労したようです。NGがかかるたびに監督と何度も話し合いながら、テイクを重ねていました」

◆ ◆ ◆

 そう語るのは、2月公開予定のホラー映画「牛首村」の関係者。同作で主演を務めるのが木村拓哉(49)と工藤静香(51)の次女、Kōki,(18)だ。

Kōki,と工藤静香

初演技に四苦八苦するKōki,を支えた母

 インターナショナルスクール在学中の2018年、15歳でモデルデビュー。翌年にパリコレにも登場したKōki,。昨年には化粧品ブランド「エスティ ローダー」のモデルに日本人として初起用された。海外活動は母・静香の戦略といわれており、今、アジアで最もギャラが高い中国進出も果たしている。

「中国で木村が人気を得ていることもあって、Kōki,の認知度は高い。昨年3月、中国の配信番組にゲスト出演し話題になりました。『シャオミ』のブランドフレンドに起用されるなど、今後は中国にも力を入れていくようだ」(広告関係者)

 着々と“国際的モデル”への道を進むKōk,だが、本格的な演技経験は「牛首村」が初。四苦八苦するKōki,を支えたのは、やはり母親だった。

 

まるで子役を見守るステージママ

「静香さんは送迎だけでなく、ほぼ毎回、現場で撮影を見守っていました。監督のOKが出ると、Kōki,さんは工藤さんの元へ駆け寄り、『フー』と息を吐いて緊張をほぐす。工藤さんは水を差し出したり、髪を撫で付けたりと、甲斐甲斐しく世話をしていた。まるで子役を見守るステージママといった感じでした」(前出・映画関係者)

 当初は緊張した面持ちで、廃墟での撮影時には「マジで怖い」と怯えていたというKōki,も、撮影が進むにつれ共演者と打ち解け、監督に「こういう動きどうですか?」と提案することもあったという。