昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《東大刺傷》「俺は東大を受験するんだ!」凶行に及んだ男子生徒(17)は医学部進学実績全国No.1の超エリート男子校生だった

genre : ニュース, 社会

 1月15日午前8時半ごろ、東京都文京区の東京大学には、大学入学共通テストを受けるために受験生が集まり始めていた。毎年恒例の緊張感があたりを覆うなか、悲劇は突然起こった。「受験生が切りつけられた」などと通報が相次いだのだ。場所は農学部などがある弥生キャンパスの正門前だった。

©文藝春秋 撮影/宮崎慎之輔

切り付けられた女子生徒はその場で倒れこみ…

「男がいきなり次々に周囲の人を包丁で切りつけました。受験生の男女2人と、72歳の男性が背中などを切られました。女子受験生はその場で倒れ込んでしまい、72歳の男性の傷は深く重傷です。殺意がこもっていたとみられています。現場には凶器とみられる刃渡り15cm程度の包丁のほか、瓶に何かつめたような不審なものが落ちていました。男は名古屋市に住む17歳の男子生徒。被害者の間に面識などはありませんでした」(社会部記者)

 駆けつけた警察官が、男子生徒を殺人未遂の現行犯で逮捕した。近隣の酒屋の主人である高齢男性が明かす。

©文藝春秋 撮影/宮崎慎之輔

「8時半ごろ、外にでると、門から少し離れたところで、足を投げ出して倒れている女性の姿が見えました。血は見えませんでした。女性は担架に乗せられて、救急車で搬送されていきました。

 犯人は門の近くの壁に背をつけて、無気力に座り込んでいました。警察官5人くらいに『どこからきたんだ!』と怒鳴られていましたが、無表情で一度も返答していなかった。いくら怒鳴られても答えず、自分でも立ち上がれない様子で、警察官に両脇を抱えられ、交番につれていかれていました。その間も無表情。最初は交通事故でもあったのかと思ったのですが、まさかこんな事件が起こっていたなんて……」