昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 今場所は若手の台頭が目立ち、今年1年で上位の顔ぶれも変わってくるのではないでしょうか。

 動きがよく気迫満点で圧力もついてきた豊昇龍、玄人好みの厳しい攻めをみせる「大波三兄弟」の若隆景、立ち合いからの爆発力が魅力の阿武咲。この若手に明生や隆の勝、大栄翔の20代後半の三役常連力士、そして怪我を克服し「押す力」という新たな武器を手にした業師の宇良、さらには玉鷲や隠岐の海、妙義龍といった元気なベテラン勢が火花を散らしてぶつかりあう。

 そして、立ちはだかる横綱照ノ富士。こんな1年になっていくのではないでしょうか。

19歳での昇進は見事!

 ひとつ忘れてました(苦笑)。西幕下筆頭で伊勢ケ濱部屋の熱海富士が勝ち越して新十両に上がる見込みです。

 19歳での昇進は見事です。余談ですが、熱海富士が初めて十両との対戦で勝った日の夜、北の富士さんのコラム担当記者から連絡があり、「今日、北の富士さんから『熱海富士だけでコラムを書くぞ』と連絡がありました」と興奮気味に報告があったのです。

 注目していただいてありがたい。北の富士さんの期待に応えるためにも、しっかりと稽古をつけます。応援してあげてください。

 ケッパレ熱海富士!!

私の“本場所16日目”はこれから……

 新大関の誕生で幕を開けた令和4年。大阪場所が楽しみです。

 私は年末から断髪式に向けた準備と大学院の論文作成と相撲部屋での仕事で、日々目まぐるしく過ごしています。ゆっくりお酒を嗜む時間もないですが、様々な経験ができることは大変でありながら嬉しくもあり、感謝しています。

 最後に私事で恐縮ですが、5月29日(日)に「安美錦引退 安治川襲名披露大相撲」を執り行います。安美錦としての最後の大銀杏姿を観に来ていただけたら幸いです。ご来場お待ちしております。

 初場所も無事に千秋楽を迎え、ようやく正月気分に浸ろうかとワインに手を伸ばしましたが……。これから論文の作業です(汗)。

 手にしたワインはセラーに戻し、その手をパソコンにおきました(涙)。

 私の本場所16日目がこれから始まります。(ケッパレ安美錦!!)

 3月は大阪での開催です。大阪での熱い戦いに期待していてください。へば!

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z