昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「僕はアイドル以外の何者でもない」SMAP結成時は11歳…45歳になった香取慎吾が“公私の線引き”にこだわる理由

1月31日は香取慎吾の誕生日

2022/01/31

 きょう1月31日、香取慎吾が45歳の誕生日を迎えた。昨年暮れにはSMAP解散から5年が経った。解散の翌年、2017年9月には、10歳のときから所属したジャニーズ事務所を稲垣吾郎と草彅剛とともに退所し、ウェブサイト「新しい地図」を開設している。

(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛 ©文藝春秋

 ジャニーズ退所後、まだ具体的に何の予定もない時期には、3人で食事しながらそれぞれやりたいことを話し合ったが、《その時は、実現するとしても5年、10年はかかるだろうなと予想して》いたという(『婦人公論』2020年10月27日号)。それが数年のうちに次々に実現していった。

SMAP解散後、「やりたかったことが一気にできてる」

 2018年には各種ブランドとコラボするショップ「JANTJE_ONTEMBAAR(ヤンチェ・オンテンバール)」をスタイリストの祐真朋樹とともに立ち上げた。さらにSMAP時代から描いていた絵の分野では、2018年9月に初めての個展をフランスのルーヴル美術館に併設するカルーゼル・デュ・ルーヴルで開催している。また『週刊文春WOMAN』では同年12月の創刊以来、表紙絵を担当する。

「週刊文春WOMAN vol.12」

 SMAP時代には、週5日はテレビのレギュラー番組の収録や生放送を行った上で、ほかの仕事もこなしていた。解散後はもう少し時間に余裕が生まれるかと思ったら、まったく違ったという。《でもこの(引用者注:ソロになってからの)2年間で、やりたかったことが一気にできてるということは、それまでと同じスケジュール感で動いてるってことですよね》とは、一昨年、コロナ禍となる直前に行った鼎談での発言だ(『創』2020年2月号)。