昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「階段から転げ落ちた状態で1カ月放置」「排泄物はそのままで、食事は流動食」全裸の長男をロープと手錠で拘束した《家族の病理》とは

genre : ニュース, 社会

「どういう状況なんだこれは……」

 昨年9月6日、「息子が亡くなった」との通報を受けた神奈川県警の捜査員が川崎市麻生区の戸建てに駆けつけた。玄関を開けると、両手足にロープの繋がった手錠と足錠をかけられ、全裸状態の横山雄一郎さん(37)が排泄物まみれで死亡していたのだ。

男性を全裸監禁した父親と母親と妹

「県警は1月31日、4カ月にわたって雄一郎さんの手足を縛って監禁したとして、両親と妹を逮捕しました。雄一郎さんには長年、精神疾患があり、服も着られない状況だったそうですが、家族が病院へ連れて行くことはなく、自宅でロープにつなぎ監禁状態にしていました。その後の司法解剖の結果、雄一郎さんの死因は床ずれ部分に細菌が入り込んだことによる感染症だったことも判明しています。長期間にわたって、ずっと寝たきり状態だったとみられています」(大手紙社会部記者)

加害者と被害者の自宅 ©文藝春秋

 神奈川県警関係者によると、逮捕されたのは父親の直樹容疑者(70)と母親の順子容疑者(65)、妹の奈々子容疑者(36)の3人だ。県警の発表によると、3人とも無職だという。

 約17年前、大学2年生だった雄一郎さんは物を壊したり、大声で叫んだりするようになり、家族は区役所の職員に相談。統合失調症などの精神疾患が疑われたため、職員が精神科の診察を勧めたが、雄一郎さんが拒否し受診はかなわなかった。それから昨年9月に死亡するまで、一度も診察を受けていないという。

排泄物まみれで細菌に感染して死亡

「雄一郎さんの症状は次第に重くなり、約5年前に服も着られなくなったと家族は供述しています。そして昨年5月4日には全裸の雄一郎さんが周囲を徘徊して、警察に保護されました。その後、家族は雄一郎さんが家の外に出られないよう、手錠と足錠をつけロープで2階にある雄一郎さんの自室のドアノブにくくりつけていました。大便と小便対策のために部屋にはブルーシートが敷いてありました。

加害者と被害者の自宅 ©文藝春秋

 そして父親が通報する1カ月ほど前、雄一郎さんはロープが絡まり階段を転げ落ち、玄関の扉にぶつかりそのまま動けなくなったそうです。それでも家族は救急車も呼ばず、転げ落ちた状態のままの雄一郎さんを放置。玄関前で、全裸の雄一郎さんにコンビニの弁当や流動食などを与えていましたが、食べ物は喉を通らなくなっていきました。

 ブルーシートは階段から玄関にかけても敷かれており、排泄物の処理はされていなかった。雄一郎さんは不衛生な環境で細菌に感染し、死亡したとみられています」

 精神疾患を抱えている長男を周囲から隠すように家に閉じ込めていた横山一家。近隣住民はそのような状況だったことに全く気づいていなかったようだ。