昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「抗がん剤や放射線は毒」「断食とサプリでがんが治る」“噂のヤバい医者”を論破した東大医学部助教が明かす《インチキ医療を見破る4つのルール》

2022/02/08

 時々顔を出して世間を賑わす。叩かれると地下に潜伏する。そして、ほとぼりが冷めると顔を出す――。まさにもぐら叩きのようなインチキ医療。

 多くの人は「なぜあんなインチキに騙されるのか……」と不思議に思うものだが、それでも「騙す医者」と「騙される患者」がいなくなることはない。一定の規模の市場が存在し続けてきた。

 インチキ医療には大きく2種類ある。

 医師免許を持たない者が、あたかも医学的な根拠があるかのようなことを言って、じつは根拠のない施術をしたり、高額なサプリメントや水などを勧めたりするもの。もう一つは、医師国家資格を持つ本物の医師が、医学的にコンセンサスの得られていない行為を患者に施すもの。

 どちらも許されたものではないが、後者は患者の「医師」という資格に対する信用や信頼を利用しているだけに、なお一層悪質だ。

 そうした悪徳医師から患者を守るため、“まともな医師”たちが立ち上がった。その名も「サギ医療から人々を守るプロジェクト(略称=サギプロ)」だ。

 代表を務めるのは東京大学医学部附属病院放射線科助教の上松正和医師。サギプロ設立の経緯を聞いた。

上松医師
上松医師のTwitter

◆◆◆

がん患者に「断食とサプリ」を勧める悪徳医師

「私の診ていた乳がん患者が、インチキ医療に引っかかったんです。まだ早期がんで、手術をすれば十分に治せる状況だったのに、『抗がん剤や放射線は毒だ』と言う悪徳医師に騙されて、治療から遠ざけられてしまった。患者はその医者から『断食とサプリで治る』と言われて信じ込み、真面目にそれを続けていたのだが、当然のことながら治るわけがない。結局、病期を進行させたところで気が付き、病院に戻ってきたのです」

 話を聞いた上松医師は、その患者を騙した医師のクリニックを訪問。「乳がんの母を持つ息子」を装って、セカンドオピニオンを求めると、悪徳医師は荒唐無稽なインチキ理論を滔々と語り、断食とサプリを勧めてきた。

約30人の医師が賛同、サギプロの設立

 途中で上松医師が、本当は自分が医師であることを明かすと、それまで自信満々だった悪徳医師はしどろもどろになり、話が嚙み合わなくなった。

「医学的にフェアなことはまったくなくて、単に洗脳することが目的の話だった。医師という肩書と立場を利用して患者を騙そうとする姿勢に強い憤りを感じ、これ以上被害者を増やしてはいけない、との思いから声を上げました」(上松医師、以下同)

 上松医師の呼びかけに、約30人の医師が賛同し、サギプロの設立となったのだ。