昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「患者を鉄パイプで殴り暴行致死」「無許可で脳摘出手術」「酒に酔っただけの“患者”を20年間入院」“誤認入院”で提訴『報徳会宇都宮病院』の恐ろしすぎる悪名

genre : ニュース, 社会

「病院から処方される薬の影響で、徐々に体調がおかしくなっていきました。目が見えづらくなって、次に手が震え始め、次第に歩くのも大変になり、便座に座ると手すりにつかまらないと立てなくなりました。よだれが垂れるので手で何度もぬぐっていましたし、失禁もしてしまいました」

 2018年12月、富山市に住む江口實さん(80)は突然現れた民間救急会社の男4人に車に押し込まれ、報徳会宇都宮病院に連れて行かれる。そこでは心当たりのない症状を上げられ、「認知症」という診断を受けた。その後1カ月以上もの期間、強制的に入院させられたという。

 2022年2月8日、江口さんは本来飲む必要のない薬の影響とみられる症状が強く出たと主張し、病院と担当医師らに損害賠償を求めて提訴した。強制的に長期間入院させたのは監禁罪にあたるとして、宇都宮地検に刑事告訴もしている。

宇都宮病院 ©文藝春秋

 江口さんにとっては降って湧いたような強制入院だったが、後に事前に長男が同病院に依頼していたことが発覚。長男夫婦とはかねてから金銭トラブルを抱えていたという。

「長男夫婦は私を認知症だと仕立て、借金の責任を私に押し付けて、自己破産でもさせようとしたのかもしれません。宇都宮病院はその長男夫婦側の言い分だけを聞いて、認知症ではない私を無理矢理入院させて、強い薬を飲ませて身体をおかしくさせたんです」

宇都宮病院の“壮絶な過去”「患者を鉄パイプで暴行」

 確かに取材での江口さんは、過去の記憶もはっきりしており、受け答えもしっかりしていた。素人目では認知症とは思えなかった。かといって、患者の人権を無視した強制入院を行う病院があるとはにわかには信じがたい。

 そこで報徳会宇都宮病院について周辺取材をしたところ、ある精神科に詳しい専門家がこう話したのだ。

「報徳会宇都宮病院は老人ホームや看護学校なども傘下にある大病院です。一方で、精神科では非常に有名な不祥事を起こし、精神医療に携わる人間であれば誰でもその“悪名”を聞いたことがあるはずです」

 宇都宮病院は1961年3月に社主である石川文之進氏(96)が開業。そしてその“悪名”が世間に轟いたのは1984年3月のことだった。

 同病院の精神病棟の患者2名が看護師から鉄パイプや素手などによって暴行を受け、死亡していたことが判明したのだ。事件は前年に起きていたが、閉鎖病棟の性質上、明るみには出ていなかった。しかし朝日新聞が関係者の証言によってスクープし、栃木県警が傷害致死容疑で捜査を開始した。