昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈事務所退所〉「まるで5歳児」東出昌大が20代女性とマンション通い交際

 俳優の東出昌大(34)が所属するユマニテは、2月14日をもって、専属契約を解消したと発表した。2月15日、事務所のHPに掲載された畠中鈴子社長名義のリリースで公表された。リリースによれば、東出と事務所は、2020年1月の不倫発覚以来、事務所として再生の道を模索してきたという。

<しかし、昨年秋、東出の配慮に欠ける行動でその再生への道は頓挫いたしました>

<そして熟慮の末に、これ以上、共に歩くことはできないという結論に達しました>(リリースより)

 昨年秋の東出の配慮に欠ける行動とは、いったい、どのようなものだったのか。当時の記事を再公開する。(初出:週刊文春2021年10月21日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 2020年1月、女優・唐田えりか(24)との不倫が発覚した俳優の東出昌大(33)。同年8月には妻の杏(35)との離婚が発表され、3人の子供の親権は杏に委ねられた。

 それから1年余。10月10日スタートの「日本沈没―希望のひと―」(TBS系)で約2年ぶりの連ドラ復帰を果たし、映画公開も控える杏。いっぽうの東出には、新しい恋人・A子さんがいることが「週刊文春」の取材でわかった。A子さんの知人が語る。

「A子さんは30歳手前で、米国人の父親と日本人の母親を持つ、滝沢カレン似のハーフ美女。外国人相手に接客する丸の内のOLです」

東出昌大

 別の知人によれば、出会って間もない今年5月ごろから東出はA子さんに積極的にアプローチ。6月には「もう少し近所に引っ越して」と頼んでA子さんを引っ越させ、毎日のように会っているという。

 東出が撮影のため、10月上旬に広島県呉市に滞在していた際は、ホテルにA子さんを呼び寄せるほどののめり込みぶりを見せていた。

 10月11日午前、合鍵を取り出し、都内のA子さんの自宅マンションに入っていく東出。その約5時間後、姿を現し最寄り駅へと急ぐ東出に声をかけた。

合い鍵片手にA子さん宅へ…… ©文藝春秋

――今出てこられたマンションは……。

「友人の(マンション)」