昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/02/27

「将来の子ども」か「今の競技」か…誰がその選択をしているのか

――「将来の子ども」か「今の競技」かという究極の選択は、現在の選手にまで続いている「重い決断」でしょうか。

村主 メダル射程圏内のトップクラスの子たちに対しては、昔と違って今はいろんなケアがあると思います。問題はその下にいるBランク、Cランクの子たちです。

 彼女たちはAチームに上がるために必死に練習しなくてはいけませんが、トップチームのような恵まれたサポートはありません。メンタルケア含め、資金面においても非常に厳しい立場に置かれているのが、トップ集団のすぐ下にいる将来有望な子たちだと思います。

――村主さんは振付師として将来のプロスケーターの育成にあたる中で、競技「以外」のケアも求められていると感じますか。

村主 こちらが全部教えないといけない部分は正直、多いです。生理のこともそうですし、食事管理や経済面の話も大事だと思っています。

©文藝春秋

「私は基本的には『食べちゃいけない』って絶対言いません」

――完全に振付師の範疇を超えていますよね。

村主 でないと、素質のある子も知識の差でダメになってしまうんです。

 中国やロシアは今も国からのサポートが手厚いですし、選手はスケートリンクと学校の往復だけで生活しているので、ある意味、誘惑がないんです。

 でもアメリカではジャリジャリするくらい砂糖の入ったお菓子が山のように売られているし、カレッジライフが始まれば友だち付き合いもしたくなる。面白いオンラインゲームがあったらつい徹夜したくもなりますよね。

――保護者のように、生徒たちの生活面もサポートするわけですね。

村主 といっても、私は基本的には「食べちゃいけない」って絶対言いません。食べていいからって。「運動するんだったら食べていいから。ただ、食べるものもお菓子とか甘いシュガーとか、例えば飲み物もジュースとかはやめてね」というぐらいしか言わないんです。

 あれだけハードな練習をしていれば、それで自然に身体が整ってきます。それでも太ったりキレがイマイチってときは、やっぱり食生活だったり睡眠、メンタル、生理といった何らかの原因があります。それは私自身も経験してきているので、彼らの体つきや動きを見ればわかるんですよね。だから「昨日、夜ふかしした?」と聞くわけです(笑)。

 正直、私自身アスリート時代はトップ集団にいたこともあり、アメリカに来てから「そこから説明しなきゃいけないのか……」みたいなカルチャーショックもあります。

z