昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「最初の結婚の“つらい体験”が、この物語を生み出した」アガサ・クリスティにとって“最もパーソナルな小説”とは?

映画「ナイル殺人事件」――ケネス・ブラナー(俳優)

2022/02/25

 デビューから約100年、亡くなって46年。イギリスの推理小説家アガサ・クリスティの人気は、今もとどまるところを知らない。近年もBBCとアマゾン・プライムによるドラマ化があり、フランスやインドなど海外でも、現地のキャストと言語で映画化されている。

 ケネス・ブラナーが再映画化した2017年の「オリエント急行殺人事件」も、好評だった。同作品で、ブラナーは、主人公の名探偵エルキュール・ポアロ役と監督を兼任。その他の主要な出演者は、ジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、デイジー・リドリー、ペネロペ・クルス、ミシェル・ファイファーらだ。映画の最後では、ブラナーが次に「ナイル殺人事件」を手がけたがっていることが示唆されていたが、早くも実現したわけである。

ナイル殺人事件 © 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

最初の結婚の「辛い経験」が生み出した物語

 閉じ込められた空間で、多数の登場人物のうち「誰がやったのか」をポアロが見事に解明すること、キャストが豪華であることは、「オリエント急行~」と同じ。だが、1978年版を見ている人にはご存知の通り、本作のストーリーは、恋の三角関係が中心だ。しかも、ブラナーによると、これは78年版よりさらにセクシーで、危険な香りに満ちているとのことである。

「これは、アガサ・クリスティにとって最もパーソナルな小説と言われている。最初の結婚がもたらした辛い体験が、この物語を生み出したようだ。愛に取り憑かれた人が、相手は自分を愛していなかったと知る。相手が愛する人は別にいるのだということを。それは、時代や国境を越えて誰もが共感できる状況だ。クリスティの小説がこんなにも長く愛されてきたのは、彼女がいつもそのツボを理解してきたからじゃないかな。彼女は人間をわかっていた。みんながどんな物を読みたいのかを」