昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「手の影にビクッてする」虐待受け捨てられたか…ペットブームの陰で飼育放棄急増 柴犬アキちゃんの運命は

source : 提携メディア

genre : ニュース, ライフスタイル, 社会

 

コロナ禍でペットの飼育数増 保護される動物の数も倍以上に

コロナ禍で外出しない時間が増えたことで、ペットの飼育数が大幅に増えているが、その陰で飼っていたペットの世話ができなくなり捨ててしまう「飼育放棄」が急増している。

動物の保護に取り組む三重県のボランティア団体は、捨てられた動物たちを幸せにするために懸命に里親を探している。

 

ボランティア団体が運営するペットホテルには、飼い主から預けられたペットの他に保護された犬や猫の姿があった。

 

ボランティア団体の代表:
(動物の数は以前に比べ)倍かなと思います

さらに別の団体でも…。

動物愛護団体「つむぎ」の代表:
私たちが保護している子、やっぱり増えてますね

 

コロナ禍でペットを飼う人たちが急増しているのに比例して、三重県四日市市の動物愛護団体「つむぎ」が保護したペットの数は、コロナ前の2019年の40頭から、2021年には95頭へと倍以上に増えた。

 

動物愛護団体「つむぎ」の代表:
飼えなくなったから引き取ってほしいとか、保健所に収容された子たち。明らかに捨てられたのかなって思う子もいる

無責任な飼い主による飼育放棄によって行き場を失い、保護されるペットが急増していた。

手の影におびえる柴犬 譲渡会で里親さがし

 

柴犬のアキちゃん(推定3歳・メス)は、2021年10月に三重県桑名市の山中にいたところを発見され、保護された。里親が見つかるまで自宅で保護をしている動物愛護団体の女性は、アキちゃんの過去をこう推測する。

 

動物愛護団体の女性スタッフ:
人慣れからいって、飼われていた感じ。手の影にビクってするので、虐待を受けて捨てられた可能性は高い

現在、アキちゃんはこの女性から愛情をたっぷりと受けて暮らしている。ここで一生過ごすのも幸せそうに見えるが…。

 

動物愛護団体の女性スタッフ:
(里親に)出していかないと次の子を引き取れない。この子に特上の愛を与えてくれる里親を見つけて…