昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 逮捕後、6月に不起訴処分となった際には「今後は自らの行動に自覚を持ち、社会人としての責任を持って行動して行くよう反省いたします」などと、反省と意気込みを語っていた。最近では、YouTubeチャンネル「田中家ch【田中聖】」での活動に力を入れていたところだった。

YouTubeで公開していた“家族愛”

「昔から兄弟思いの田中さんは、実兄2人と一緒に行った家族旅行の様子などを投稿していました。人気YouTuberのてんちむやヘラヘラ三銃士らと、楽曲を作ってラップを披露する姿も話題になった。田中さんは元トップアイドルだったのに、コラボ楽曲のラップを作るのにも相当な時間を割いてくれるみたいなんですよね。周りのYouTuberからの評判はかなり良かったですよ」(YouTuber関係者)

 しかし、一方でその挙動が不安視されることもあったという。実際、視聴者らから「様子がおかしい」などといったコメントが投稿されることもあった。

「怪しい粉」とホットケーキミックスをみせる田中容疑者(本人のYouTubeアカウントより)

「2022年2月14日公開の動画『【Koki'sキッチン】バレンタインはこれで決まり』では、ホットケーキミックスを手に取り、『怪しい粉』と笑えない冗談を飛ばしていました。作年11月3日には、ツイキャスの配信中に車を運転し、何かにぶつかって事故を起こしたようなシーンも配信されたこともありました」(同前)

 それでも、田中容疑者は冒頭のように違法薬物の使用については周囲に否定し続けてきた。田中容疑者の知人はこう証言する。

「昨年4月くらいですかね。『薬やってますよね?』と聞くと、『やっていないです』とはっきりと答えていたんです。でも『聖くんの周囲からそういう話を聞くよ』と食い下がると、だんだん歯切れが悪くなっていた。それでも否定し続けていたから、少なくともその時は本当にやっていないんだと思ったのですが……」

「樹には今がある。なるべく捕まらないように…」

 しかしこの知人は田中容疑者の“ヤンチャっぷり”を聞いていたため、「逮捕されないようにな」と声をかけた。すると田中はこう話したという。

「『最悪、自分が捕まる分にはいいんですよ。ただ、捕まって家族に迷惑がかかるのだけは避けたい。ですから、なるべく捕まらないように頑張ってます(笑)』って。特にSixTONESメンバーで弟の樹くんのことを特に気にかけているようでした。『樹には今があるから』と言っていたんですけどね」

田中樹(SixTONES公式サイトより)

 周囲の心配をよそに違法薬物から抜け出せなかった田中容疑者は、いま何を考えているのだろうか。 

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z