昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女性は、大阪でヨガのインストラクターをしているA子さんです。一昨年に知り合い、昨年から親密な間係になりました。休みが合うと、食事をしたり、関西の各地をドライブしたりしているようです。A子さんは、浜本さんの奥さんと同い年です」

 2時間後、2人は互いの指を絡ませた“恋人つなぎ”で歩き出し、デパートで浜本の誕生日プレゼントを購入。そして女性の自宅マンションへと向かったのだった。

A子さんと関西屈指のグランメゾンで2時間ランチを楽しむ浜本

コロナ禍で精神的にしんどいときに、支えてもらった

 吉本興業は2月20日、所属する浜本のコロナ陽性を発表。自宅療養期間が明けたのちの2月27日、浜本本人を直撃した。

――週刊文春です。

「ぼ、僕ですか? ぼ、僕ですよ?」

街中でも堂々と手つなぎで連れ立って歩く浜本とA子さん

――A子さんとは遊びの関係ですか。

「それはないです。遊んでるつもりはなくて、結構真摯に……。コロナ禍で精神的にしんどいときに、支えてもらった。僕の弱さです。日によってゆらつきはあったのは確かです。毎日毎日……葛藤してました」