昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

維新・遠藤氏が代表 公益社団法人「秋田犬保存会」副会長と山口組幹部との親密写真

 日本維新の会の遠藤敬・国会対策委員長(53)が代表理事を務める公益社団法人「秋田犬保存会」。同会を巡っては、主催する展覧会で不公平な審査が行われているなどの指摘が内部から相次いでいるが、さらに、秋田犬保存会の川北晃右副会長が山口組系暴力団の組長と親密に交際していた疑いがあることが、「週刊文春」の取材でわかった。川北氏と組長が写った写真を複数入手した。

15年から国対委員長の要職にある遠藤氏 ©共同通信社

 遠藤氏が秋田犬保存会の代表理事に就任した2016年、川北氏も副会長に就任した。

「川北氏は遠藤氏の“右腕”。都内でうどん屋などを経営している資産家です」(保存会関係者)

 その川北氏は、山口組直系団体「司興業」の森健司(本名・森健次)組長と親密な関係にあるという。司興業は1967年に司忍・山口組組長が創設した団体で、森氏は司氏の側近として知られている。

 2人の関係を知る知人が言う。

「川北さんは森さんを『会長』とよび、仲の良い友人関係にあります。柴犬をあげたこともあったし、よく食事もしていた。森さんは2014年末に川北さんの店の前で行われていた餅つき大会にも出席。川北夫妻からは『森さんの写真はSNSに掲載しないように』と言われた。また、保存会の展覧会を一緒に見に行き、森さんのところの若い衆が炊き出しもしていたこともあった」

「週刊文春」は、川北氏と森氏が写った写真を入手した。森氏が秋田犬を抱え、微笑む傍らで、川北氏も笑顔を見せている。この写真は、川北氏と親密なブリーダーが5年ほど前に撮影し、会員らに送付されたものだ。

森組長(左)と川北氏が写った問題の写真

 2014年に撮影された別の写真では、熊本県での展覧会後、ブルーシートの上で川北氏と森氏が食事をしている姿が写されている。

 暴力団排除に詳しい疋田淳弁護士が語る。

「暴力団員と知りながら定期的に会ったり、飲食したりすれば、各都道府県の暴力団排除条例違反(社会的に非難される関係)に当たります。条例上の暴力団関係者と見なされ、所属する組織は、助成金の交付の取りやめなども想定されます」