昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「選挙区民に30万円の秋田犬を」 維新・遠藤敬国対委員長に違法寄附の疑い

 日本維新の会の遠藤敬・国会対策委員長(53)が、自らの選挙区内の複数の有権者に高額な犬を無償で譲渡していたことが「週刊文春」の取材でわかった。公職選挙法で禁じられている寄附行為に抵触している疑いがある。

 遠藤氏は飲食店経営などを経て2012年の衆院選に大阪18区から出馬し、初当選。2015年から現在まで国会対策委員長の要職にある。

小誌の取材に「ウチの血が入ってない秋田犬はいない」とも ©共同通信社

 一方で、自身も秋田犬のブリーダー(繁殖者)だった遠藤氏は、2016年から公益社団法人「秋田犬保存会」の代表理事を務めている。

 保存会は2020年度に、秋田県大館市から秋田県保存会補助金という名目で128万4000円の補助金を受け取っているほか、公益社団法人として、寄附金の控除や収益の非課税など税制上の手厚い優遇措置を受けている。

「週刊文春」2月24日号では、秋田犬保存会が主催する「本部展覧会」で不公平な審査が行われているとの指摘が相次ぎ、一般社団法人法の違反の疑いがある実態などを報じた。

 その遠藤氏は国会議員になって以降、秋田犬を無償で譲渡してきたという。

 遠藤氏の支援者でもある和歌山市の経営者が明かす。和歌山市は遠藤氏が重複立候補した近畿比例ブロックに含まれている。

「昨年は遠藤さんから仔犬をタダで貰った。(政治資金パーティに)参加したこともありますよ」