昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「美姫から突然『フィギュアスケートを辞めたい』って電話が…」中野友加里(36)が明かす、黄金期を築いたライバルたちとの“舞台裏”

中野友加里さんインタビュー #2

2022/03/27

 “世界一のドーナツスピン”や華麗なトリプルアクセルでファンを魅了した、元フィギュアスケーターの中野友加里さん(36)。引退から12年経ったいまも、彼女の姿が記憶に焼きついている人は多いだろう。

 2010年に現役を引退した中野さんは現在、2人の子どもを育てながら、YouTubeでの発信や審判員の仕事を通して再びフィギュアスケートに携わっている。そんな彼女に、現役時代の“ライバル”たちとのエピソードや、引退後のキャリアについて話を聞いた。(全2回の2回目/前編から続く)

中野友加里さん ©杉山秀樹/文藝春秋

◆◆◆

現役時代のライバルたちとの関係性

――中野さんは現役時代、安藤美姫さんや浅田真央さんたちと表彰台を争っていましたよね。ご自身にとって彼女たちはどのような存在でしたか。

中野友加里さん(以下、中野) 良き戦友であり、仲間であり、友人という感じでしたね。フィギュアスケートがメジャースポーツとして駆け上がっていくような輝かしい時代に、たくさんの仲間たちとお互いを高め合うことができたのはとても幸運でした。

 スケート靴を脱いでスケートリンクから離れてもすごく良い関係でいられたので、心の支えにもなりました。

――スケートリンクから離れているときは、どんな話を?

中野 フィギュアスケートの話だけじゃなく、恋愛の話やくだらない話もたくさんしましたよ(笑)。

 特に(安藤)美姫とは、一緒に過ごした時間が一番長かったと思います。年齢が近くて、同じコーチのもとで練習していたというのもあって。練習後に一緒にショッピングに行ったり、お茶をしたり。

現役時代の中野さん(右)と安藤美姫さん ©文藝春秋

 そういえば、夜中に美姫から突然「フィギュアスケートを辞めようと思う」って電話が掛かってきたこともありました。

――夜中にそんな電話が……?! 中野さんはなんて答えたんですか?

中野 「まだできると思うんだったら、絶対に辞めないほうがいい。けど、もうスケート靴も見たくないっていうくらいなんだったら、脱いだほうがいいんじゃない?」って言いました。

 結局、美姫はそのときは辞めなかったんですけど、私としては、彼女がそんな大切な相談をしてくれたことがうれしかったですね。

――絆が深いんですね。安藤美姫さんとは現在も交流があるんですか。

中野 いまはお互い子育て中なので、“ママ友”って感じですね。荒川(静香)さんとも“ママ友”なんです。下の子たちが同い年で、習い事も一緒なので、よくお話ししています。私の娘が着ている服は、荒川さんの娘さんの“おさがり”なんです。