昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

犯行現場に残された「?」と「なぞなぞ」…連続殺人犯の正体は 「THE BATMAN―ザ・バットマン―」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

両親を殺害された過去を持つブルース・ウェイン(ロバート・パティンソン)が、悪と対峙する“バットマン”になって2年が過ぎた。ある日、ゴッサム・シティの市長が殺害される。それを機に、権力者を狙う連続殺人事件が発生する。犯人を名乗るリドラー(ポール・ダノ)は、犯行の際に必ず“?”マークと“なぞなぞ”を残し、警察やバットマンを翻弄し挑発する。バットマンは権力者たちが出入りする秘密クラブを突き止め、そこで働く泥棒のセリーナ・カイル(ゾーイ・クラヴィッツ)と出会い、同じ目的のために協力する。SNSを駆使して世間の嘘を次々と暴き、恐怖を仕掛ける知能犯リドラーの真の目的とは……?

〈解説〉

『猿の惑星:聖戦記』に続くマット・リーヴス監督・脚本作。DCコミックスの「バットマン」を主人公にしたサスペンス・アクション。176分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆バットマン俳優より、犯人はじめ脇のキャスティングのほうが充実。ほぼ3時間のダークな世界に、つきあえるかどうか。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆雨降る夜の場面が圧倒的に多いのは確信犯だが、意外にロマンティック。役者や風景に英国テイストを含ませたのが効果的。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★闇のリアルさが心に深く刺さる。音楽と暗い映像の得も言われぬ凄みのある調和も素晴らしい。配役含め抜群の面白さ。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆暗い画面が醸し出すムード先行のシリアスさ。なぞなぞが連打されるライトノベル的展開。いかにも評価が分かれそう。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆題名通りのThe Batman。『タクシードライバー』、ゾディアック事件などを濾過したリーブスのゴシックネオノワール。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

『THE BATMAN―ザ・バットマン―』(米)
新宿ピカデリーほか全国公開中
https://wwws.warnerbros.co.jp/thebatman-movie/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー