昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

愛子さま「生んでくれてありがとう」初会見で両陛下に感謝の思い…結婚の“理想のお相手像”にも言及

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

天皇皇后両陛下の長女・敬宮(としのみや)愛子さまが3月17日、初めて記者会見に臨まれた。

 

愛子さま:
昨夜の地震により亡くなられた方がいらっしゃると伺いまして、心が痛んでおります。御遺族の皆様と被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます

 

冒頭で16日夜の地震について触れた愛子さま。

初めての記者会見は、午後2時すぎからお住まいの御所で行われた。

淡いグリーンのツーピース姿で、30分間ほとんど原稿を見ることなく、成年皇族となった心境や両陛下への思いなどを語られた。

 

愛子さま:
これまでさまざまな形で支えていただき、成年を温かく祝福してくださった皆様に心より感謝をお伝えしたいと思います。12月5日の成年行事の折に天皇陛下より勲章を親授していただきまして、初めて身につけたときに勲章の重みをひしひしと感じて、身の引き締まる思いがいたしました

 

笑顔でユーモアを交えられる場面も

そしてご自身の長所については、ユーモアを交えて次のように明かされた。

愛子さま:
(長所は)強いて申し上げるなら、どこでも寝られるところでしょうか。以前、栃木県にある那須の御用邸にいき、その着いた晩に縁側にあるソファで寝てしまい、そのまま翌朝を迎えた、なんてこともございました

 

また、将来の結婚や理想のパートナー像については「今まで意識したことがございません」とした上で、「一緒にいてお互いが笑顔になれるような関係」が理想的であるとされた。

 

「生んでくれてありがとう」両陛下に感謝の思い

いとこにあたる、小室眞子さんの結婚をめぐる質問には「いとことして末永いお幸せを祈ります」と述べられた。

 

愛子さまは誕生の際の会見で、皇后さまが涙ながらに語られた「生まれてきてくれてありがとう」という言葉にかけて、「私も『生んでくれてありがとう』と伝えたい」と、両陛下への感謝の思いを明かされた。

 

(「イット!」3月17日放送より)

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー