昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

服を胸までたくしあげられ…性的いじめを受けても、学校側は何も対応してくれなかった

被害女性が語る、浜松市いじめ自殺未遂の深層

2022/03/30

 静岡県浜松市の女性・アキコさん(18、仮名)が幼稚園から中学までいじめを受け、自傷行為や自殺未遂を繰り返した。不登校にもなった。主治医からは心的外傷後ストレス障害の診断を受け、今でも通院中だ。

 保護者の要望で、浜松市教育委員会が、いじめ防止対策推進法における「重大事態」として調査した。しかし、保護者と調査に対する見解が合わず、市長が再調査を決めた。再調査委員会は2022年3月22日、最終報告書を公表した。継続的な嫌がらせをいじめと認定したが、証言が得られなかったとして、性的ないじめは断定しなかった。

 一方、アキコさんの保護者が求めた開示資料には、小学校の教頭(当時)のアキコさんに対する印象として、「男の影?」「色っぽい?」と記載されていた。小学生の教え子に対する印象として、なぜこうした不適切な文言が使われたのか、報告書での指摘はない。

 アキコさんは高校中退後、高卒認定資格を取得。現在はフリーターだ。筆者の取材に対して、性的な被害を含めていじめられていたこと、自傷行為や自殺未遂を繰り返してきたことを語った。

筆者の取材に応じてくれたアキコさん(仮名) ©渋井哲也

周囲からは「いじめてもいい存在」になっていた

 実は、アキコさんへのいじめは幼稚園から始まっていた。幼稚園への送迎バスに乗ろうとすると、加害者Aに「乗るなよ」などと言われたり、不快に思われるあだ名をつけられた。いじめ防止対策推進法における「いじめ」の定義では、幼稚園は含まれず、調査対象外となっている。ただ、中学までのいじめは、この頃から継続しているものだ。

「加害者Aとは近所なので、今もまだ会います。『死ね』と言われることもありました」

 幼稚園教諭にそのことを言うと、「バス通園をやめてはどうか」などと、いじめを解消する対応はとられなかった。

 結局、このことが後を引く。2010年、小学校に入学してからもいじめは続いた。加害者Aとは6年間、クラスは一緒にならなかったが、帰宅する方向は一緒だったし、複数の加害児童から叩かれたり、蹴られたり、石をぶつけられた。ランドセルを引っ張られ、転ばされることもあった。傘で叩かれたりもした。

 小3のときは、加害者Aに加えて、加害者Bからもいじめられた。それとは別に加害者Cからもいじめに遭う。