昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈あまりの可愛さに胸キュン〉カピバラ、ミーアキャット、アリクイ…フワフワな動物の赤ちゃん7種を特別撮!

 触ってみると、フワフワ毛並みなめらか。春の麗らかな陽気の中、ベビーラッシュを迎えた伊豆シャボテン動物公園。約140種類の動物と「あっと驚く」至近距離で触れ合えるこの動物園では、年明けから僅か3カ月で8種26頭もの赤ちゃん動物が誕生した。訪れる人々を魅了するかわいい動物の赤ちゃんを紹介していこう。

 まずは大人気のカピバラだ。

 3月6日に雌が1頭、3月15日に雄2頭、雌2頭の4つ子が誕生した。カピバラといえば、露天風呂に浸かっている姿が有名。4つ子のうち1頭は、生後わずか2日で温泉に入り、飼育員を驚かせたという。ピィーピィーと鳴きながら母親にくっついていく様子には飼育員もほっこり。名物「カピバラの露天風呂」に入っているのは、みかんやグレープフルーツ、薔薇や苺など様々だ。カピバラたちは「柑橘類は苦手だが、薔薇や苺はよく食べる」(飼育員)のだという。入浴後は、併設された床暖房と赤外線ライトで暖をとっていた。

温泉でくつろぐカピパラの赤ちゃん

 続いて、シロテテナガザル。昨年12月9日生まれの陽(はる)ちゃんは女の子。人工保育で育つ陽ちゃんは、飼育員お手製の遊具で懸垂を見せてくれた。徐々に体長が大きくなり、最近は足が床についてしまうというエピソードも可愛らしい。

懸垂を見せてくれたシロテテナガザルの赤ちゃん