昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

無言のキャッチボールで深めた絆…広島カープ・山口翔と遠藤淳志が“ズッ友”を超えたとき

文春野球コラム ペナントレース2022

2022/04/13

「ずっと友達でいようね」。略して「ズッ友」。そう約束した2人はいま、少しの間だけ離ればなれになりながらも、お互い必死に勝負の一年を過ごしている。これは、同期入団で今季高卒5年目を迎えた広島・山口翔投手(22)と遠藤淳志投手(23)の入団から現在、そしてこれからも続くであろう友情の軌跡である。

遠藤淳志

些細なことからすれ違い…一度だけケンカした日

 年齢、右腕、切れのある直球が武器など共通点の多い2人。血気盛んな1年目の当時なら仲違いしても不思議ではなかった。しかし、バチバチとしたライバル関係とは最初から無縁だった。お互いを「翔」「淳志」と下の名前で呼び合い、入団後すぐに打ち解けた。強化指定選手として1年目の過酷な練習をともに乗り越えるうちに、親友として認め合えるまでに仲は深まっていった。

 そんな親友同士でも一度だけケンカしたことがある。1年目が担当する雑用をどちらがするか……というようなロッカールームでの些細なことからすれ違ってしまった。何をするにも一緒に行動していたはずの2人が、この日だけは一日中口をきかなかった。

 そして、仲直りのきっかけを見つけられずに迎えた翌朝の練習。ウオーミングアップを終えて、キャッチボールへ。ここで2人は困った。いつものキャッチボール相手とは、まだケンカ中なのだ。とはいえ、グラウンド外のことを練習に持ち込むわけにもいかない。無言のキャッチボールが始まった。

 ビシッ、ビシッと、どちらの球も力強かった。2人ともに「昨日はごめん」との思いを込めた。球を受けるだけでお互いの気持ちが伝わったのだろう。キャッチボールを終えると、すっかり笑顔に戻っていた。「やっぱりキャッチボールっていいな」。仲直りには、この一言で十分。これ以降、一度もケンカはしていない。

 ある日は、俺らの関係は親友超えたね……というような冗談話で盛り上がった。「じゃあ、ズッ友だな」「ズッ友も超えてるよ」。それならばと山口が造語をつくった。「もう俺たち、ゴッドモだ」。ゴッド(God)と友達をかけ合わせ、ズッ友の発音で「ゴッ友」。神レベルの友達という意味で、漢字表記の場合は「神友」と書くらしい。

 そうして切磋琢磨する2人に2軍首脳陣は1年目から伝えていた。「2人が競争する場所は2軍ではないからな。どっちも1軍に行って、そこで刺激し合うんだぞ」。その言葉通り、ともに高卒2年目の19年に1軍デビューを果たした。山口はプロ初先発だった5月30日のヤクルト戦で7回1安打無失点の快投でプロ初勝利を挙げ、遠藤も中継ぎとして34試合に登板した。