昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

首に鎖で管理された8児の母 「一人っ子政策」がもたらした闇…中国の“嫁”人身売買

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 国際

 

2022年1月、中国のSNSに投稿されたある映像が社会に衝撃を与えた。女性の首には鎖が繋がれ、ドアもない粗末な小屋に1人で放置されていた。江蘇省の村で撮影されたもので、その頃の気温は0℃前後だったにも関わらず、女性は薄手のトレーナー姿だった。また女性の歯はほとんど抜け落ちていて、映像を撮影した男性の問いかけにも応じることはできず、意思疎通はできなかった。

女性が監禁されていた小屋(中国SNSより)

SNSで一気に拡散…当局は火消しに

実はこの女性には夫がおり、その夫は「8人の子供を育てる父親」として地元では有名な存在だった。夫は「中国の少子化を救う救世主」などと扱われ、地元企業の広告にも起用されていた。

しかし、鎖に繋がれた女性の映像がSNSに投稿されると「人身売買ではないか」「女性は誘拐されてきたのでは」といった批判的な声があがり、さらに8人の子供がいることから「性的虐待では」という声もあがった。

対応に追われることになった地元当局は、当初「これは人身売買ではない」と疑惑を否定していた。そして「女性は元々路上生活者だったが、夫の父親に拾われて一緒に暮らした」「女性と夫は合法的に結婚した」「8人の子供は2人の子供」などと説明をした上で、女性が鎖に繋がれていたのは「女性には精神疾患があり高齢者と子どもを殴ることがあった」と、鎖での拘束を正当化した。

しかし、この説明に対してネット上では批判の声がさらに大きくなる。これを受けて江蘇省政府が介入し再調査を行ったところ、一転して「人身売買事件」として断定され、夫は監禁の疑いで逮捕された。さらに地元政府の職員17人も処分される大事件となった。

不法監禁の疑いで逮捕された夫(中国SNSより)

“転売”された女性

江蘇省政府による再調査で、さらに衝撃的な事実が明らかになった。
女性は発見された江蘇省から約2000キロ離れた雲南省出身で、今回の事件を含め3回売られていたことが判明した。女性には精神疾患があったが、1998年にある女性に「病気を診てあげる」とだまされて村から連れ出され、江蘇省にいた別の男性に約9万円で「嫁」として売られていた。(1回目)その後女性は逃走したが、今度はある夫婦に発見され1カ月後に工事現場の男2人に売られ、(2回目)さらにその後、男らによって夫の父親に売られたというものだった。(3回目)