昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ふんどし」愛用という意外な趣味…“最も多忙なフリーアナウンサー”新井恵理那、驚きの年収は?

「週6で生放送があり、休みは日曜日だけ。とにかくオフがないんですが、時間をやりくりして楽しんでるみたいです」(民放関係者)

 2019年上半期のテレビ番組出演本数ランキングの女性タレント部門で1位になるなど、今、最も多忙なフリーアナウンサーが新井恵理那(32)だ。

◆ ◆ ◆

「ふんどし」愛用という意外な趣味

 早朝5時からの3時間の生放送「グッド!モーニング」(テレ朝系)のメインキャスターをはじめ、「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)のお天気コーナーやバラエティ番組の司会など、5本のレギュラー番組を持つ新井。

 

 学生時代は青学大のミスコングランプリに輝いた可憐なルックスでアイドル的な人気を持つ。その一方で、バラエティ番組では就寝時に「ふんどし」を愛用しているという意外な趣味を開陳。「着けてみると抜け出せなくなる」と偏愛を語ったところ、今年2月に「ベストフンドシストアワード」大賞を受賞している。

「ベストフンドシスト」に選出

20代前半は鳴かず飛ばず、あるきっかけで上昇気流に

 そんな彼女だが、20代前半は鳴かず飛ばずだった。

「キー局4社のアナウンサー試験では全滅。フリーアナウンサーの事務所『セント・フォース』に所属して、先輩がメインの番組のコーナーに採用されても、すぐに番組を“卒業”となるなどブレイクしなかった。それでもスタッフの顔と名前を覚えて名前で呼んだり、放送後には毎回ディレクターに感想を聞きに行くなど、地道な努力で周囲の信頼を得ていきました」(民放ディレクター)

 そして、あるきっかけで上昇気流に。

「15年に『news zero』(日テレ系)のキャスターだった山岸舞彩(まい)が結婚を機に引退したんです。その後、事務所として『これからは新井を売っていこう』となりました」(同前)