昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

国際通りだけではもったいない…! 沖縄県那覇市「平和通り商店街・栄町市場」の“迷宮アーケード”で味わう“地元の日常”

商店街さんぽ #3

2022/04/16

 店先看板の手書き文字、カラフルなアーケード、路地奥に佇む地元の名店……。日本各地の魅力あふれる商店街の魅力に迫った『商店街さんぽ ビンテージなまち並み50』(学芸出版社)の一部より、沖縄県那覇市「平和通り商店街・栄町市場」周辺地域を紹介する。(全4回の3回目/続きを読む)

◆◆◆

奥へ奥へ。地元の日常が顔を出す迷宮アーケード

 沖縄旅行に行ったら、定番スポットの国際通りから一本奥に入ってみるのを忘れないでほしい。

国際通りにもっとも近い、おみやげ屋が立ち並ぶ観光客向けの平和通り商店街

 複数の商店街が繋がって、ジャングルのようにアーケードが入り組んでいる。その複雑さは地図を頼っても役に立たず、何度も往復することでようやく全貌が見えてくる。まさに冒険心がくすぐられる商店街だ。

国際通りから遠ざかるにつれ、地元客向けの家庭用品店が増える

 近くには沖縄の各地に存在している社交街と呼ばれる歓楽街エリアもある。賑わいの裏でひっそりと佇み、寂しさと怪しさがブレンドされた独特の雰囲気がある。

縦横無尽に広がる商店街で迷子になる

 国際通りに面した平和通り商店街は、戦後露店が立ち並んでいた市場から始まった。

マンゴーやパイナップルなど南国のフルーツが並ぶ

 観光客向けのおみやげが並ぶエリアを抜け、奥へ進むほど地元客向けの生活感が出てくる。さらに脇道へ入ると、今までの喧騒がウソのような人通りのない静かな通りや、路地裏のような薄暗い道、立ち入るのを戸惑うような場所にまでたどり着く。

古いスナックから新しくできた屋台村まで建ち、地元客も観光客も一緒に楽しめる竜宮通り社交街
色とりどりのムームーがズラリ。かわいいものばかりで目移りする

 それぞれの商店街ごとに、売っているものも客層も、雰囲気も全く違うのがおもしろい。好奇心に導かれ、夢中になって歩いていると、自分がどこにいるのかわからなくなり、確実に迷子になる。でもそれが楽しい。

写真:あさみん

【続きを読む】瀬戸内海に面する港町に健在! 広島県呉市で発見したディープな魅力あふれるレトロ商店街を探索する

商店街さんぽ ビンテージなまち並み50

あさみん

学芸出版社

2022年3月30日 発売

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(25枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z