昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

きらめくバブルの置き土産! 戦後の焼け野原から爆誕した「柳ヶ瀬商店街・繊維問屋街」のめくるめくネオンを堪能する

商店街さんぽ #2

2022/04/16

 店先看板の手書き文字、カラフルなアーケード、路地奥に佇む地元の名店……。日本各地の魅力あふれる商店街の魅力に迫った『商店街さんぽ ビンテージなまち並み50』(学芸出版社)の一部より、岐阜県岐阜市「柳ヶ瀬商店街・繊維問屋街」を紹介する。(全4回の2回目/続きを読む)

◆◆◆

シティポップなネオンサイン鑑賞

 駅前からまちなかへ、どこまでも際限なく広がる商店街。かつてハルピン街と呼ばれ、近くの一宮や羽島から仕入れた布で製造する既製服産業で大いに栄えた一大繊維問屋街だ。

アーケードを彩るダイナミックなネオン。これだけ壮大なネオンはほかに見たことがない

 元々は、北満州からの引揚者たちが戦後の焼け野原にバラック小屋を建て、古着を売りはじめたのが始まりだそうだ。

飲み屋が入居する雑居ビルのネオン看板

 見てほしい場所は大きく分けて2つ。駅前の問屋街と、一番の繁華街・柳ヶ瀬エリアだ。どこを歩いても商店街好きの心を掴んで離さない景色ばかり。きっと一度では見切れないので、泊りがけで何度でも訪れてほしい。

夜に訪れたい! ネオン輝くアーケード

 一番の見どころといえば、なんといっても西柳ヶ瀬のネオン群だろう。

1964年の東京オリンピックから灯されていた、小路に連なる五輪のネオン。惜しくも2018年に消えてしまった

 西柳ヶ瀬は飲み屋街を中心とした歓楽街だ。日が暮れて、道幅の広いアーケードの下に並ぶ雑居ビルや個人商店が賑わい出すころ、巨大なネオン装飾たちがギラギラと光りはじめる。赤、青、緑と様々な色でまちを彩る光景は圧巻。岐阜が誇る日本一のネオンだ。

写真上部に見えるのが、各店舗をイメージするネオン看板。消えてしまっているところもチラホラ

 点灯する日や時間は不定期で、運試し的な要素もある。思わぬタイミングで点灯に遭遇したなら、諸手を挙げて喜ぼう。それぞれの店先には、バーカウンターやマイクなど、店の個性を表わすネオン看板が吊るされる。ところどころ点灯しない箇所もあるが、ぜひ後世に受け継いでほしい“芸術”だ。

写真:あさみん

【続きを読む】国際通りだけではもったいない…! 沖縄県那覇市「平和通り商店街・栄町市場」の“迷宮アーケード”で味わう“地元の日常”

商店街さんぽ ビンテージなまち並み50

あさみん

学芸出版社

2022年3月30日 発売

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z