昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

男子バレー界のエース石川祐希。 世界で戦うために見いだした「毎日同じ生活、同じ食事」というマイルール

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

男子バレーボール界のエースといえばこの人・石川祐希(26)だろう。

大学在学中から、世界最高峰のリーグを有する本場イタリアでプレーし、現在もイタリア1部のミラノで活躍。

男子バレーボール日本代表の主将を務めるとともに“世界一のプレーヤーになる”という夢を追いかけている。

 

そんな高い理想を掲げる石川に、彼が暮らすイタリアの地で“マイルール”を聞いた。

この記事で取り上げるマイルールとは、日々の「習慣」や「ルーティン」にとどまらず、「自分が大切にしている価値観」や「決め事」のことを意味する。

3月26日に放送された番組「アスリートのマイルール」から、世界で戦うアスリートたちが大切にしている秘訣をご紹介して行こう。

「基本スケジュールは同じ」毎日を過ごす

日本とは言葉も国民性も大きく異なるイタリアに身を投じ、トッププレーヤーとして戦いながら生活して早や7シーズン。

その中で、石川が見出した“マイルール”とはどんなものなのか?

その答えは、意外なほど素朴でありながら、ストイックなものだった。

 

「やることを決めて、そこに対するストレスをなくして余裕を持つようにしています」

「やることを決めて、余裕を持つ」

一見シンプルに映る言葉だが、実際に意味するのはどんな行動なのか。それは一日の過ごし方に秘密があった。

 

「基本的には大体スケジュールは決まっていて、7時半に起きて、食事して8時半、それで練習して終わるのが11時半くらいなので、そこからシャワーとかしてだいたい夕食の食材を買いにスーパーに行って、家に帰るのが14時で…」

一度自宅に戻ってくつろいだ後、夕方には再び練習に出発。練習を終え20時頃に帰ると夕食、シャワー、ストレッチを済ませ24時頃に就寝。

ストレッチをする石川

「そうですね。基本的にはこのスケジュールにはめて生活をしています」

なんと石川は、活動する1日のほぼ全てのスケジュールを“パターン化”しているというから驚きだ。

食事は常に同じ「おいしさとか楽しさは、その次」