昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

水原希子が告白 “性加害プロデューサー”の女優の太ももを触る行為でインティマシー・コーディネーター導入を決意

 芸能界における性加害についての想いを発信し、大きな反響を呼んだ女優の水原希子(31)。彼女が積極的に「インティマシー・コーディネーター」導入を訴える背景には、自らの苦い体験があったことが「週刊文春」のインタビューで初めて明かされた。

「インティマシー・コーディネーター」の導入

 水原は、昨年4月からネットフリックスで配信されている「彼女」に主演。漫画家・中村珍氏の「羣青」を廣木隆一監督が実写化した同作品をプロデュースしたのが、梅川治男氏(61)だった。

水原希子(事務所提供)

 梅川氏は園子温監督の「愛のむきだし」、「ヒミズ」などの作品に携わった有名プロデューサーだ。だが梅川氏は、女優たちに性的な要求を行い、時には局部の写真を送るよう強要していたとの被害女優の告発を、「週刊文春」(4月7日発売号)が報じていた。

ネットフリックスで昨春から配信されている「彼女」

 その梅川氏がプロデューサーをつとめた「彼女」は、水原が演じる同性愛者の永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵の愛憎と逃避行を描くロードムービーで、性的描写が多く含まれている。そこで導入されたのが「インティマシー・コーディネーター」だった。