文春オンライン

連載THIS WEEK

「19歳で上京し、カッコつけたくて吸った」…薬物逮捕のプロゲーマー「ねこくん!」21歳の収入

note

「カッコつけたくて吸った」入手経路は?

 過去の動画で「マジで何も悪いことやっていないからね。『ねこくん! マジでやばいやつ』みたいなのやめて下さいね」と語っていた西川だが、「やばい」ことをしていたわけだ。

「警察の調べには『19歳で上京し、カッコつけたくて吸った。ゲーム中は大麻を吸うとぼーっとして下手になるため、吸わないようにしていた』などと供述している。入手経路については『歌舞伎町の黒人の売人から2年半前に購入した』と供述。売人から路上で買える量はしれているから、事実なら常習性は高くない。ただ、逆に言えば、それほど簡単に大麻が入手できるということだ」(捜査関係者)

新宿・歌舞伎町 ©iStock.com

 警察庁の統計によれば、2021年の大麻の検挙人数は20年に続いて過去最多を更新する5482人に及ぶ。大半が西川のような30歳未満の若年層。目につくのは、数年前から暴力団関係者が占める割合が減り始め、いまや検挙者の9割近くが、「ねこくん!」のような“素人”になったことだ。

ADVERTISEMENT

「欧米では危険ドラッグが違法化された反面、大麻解禁が進み、愛好者が激増した。日本でも同様に、大麻へのハードルがかなり低くなっている」(同前)

 猫も杓子も大麻――。

「19歳で上京し、カッコつけたくて吸った」…薬物逮捕のプロゲーマー「ねこくん!」21歳の収入

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録