文春オンライン

パパ活やギャラ飲みなどに手を出すメンバーも後を絶たない

「AKBと言えばかつてはメンバーの多くが高級マンションに住み、食事は高級飲食店と華々しい生活を送っていました。AKBを見ない日がないほど多くのレギュラー番組を抱え、バラエティや音楽番組にも引っ張りだこ。しかし人気が低迷するにつれて待遇が悪化していて、給料だけでは生活が苦しいとパパ活やギャラ飲みなどに手を出すメンバーも後を絶ちません」(同前)

 待遇の低下は、送迎に使われる車の台数が削減され電車移動が増えていることからも見て取れる。

「景気がよかった頃を体験しているメンバーのモチベーションは当然落ちますし、若いメンバーも将来を考えて『まだ若いうちに違うステージで勝負したい』と考えるようになっているんです。以前では考えられないですが、最近はAKBから地下アイドルに転身するという例も増えています」(同前)

New Balanceとのコラボでもモデルに抜擢

 AKB48は昨年12月から「AKB48第17期生オーディション」を開催していた。同時期に行われていた乃木坂46の5期生オーディションに9万人が殺到した一方で、AKBの応募人数は例年よりも激減、関係者も「さすがに終わりか」と諦め顔だという。

 “国民的アイドル”の座をすっかり奪われたAKB48、再起の道はあるのだろうか。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事