昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「卒業引き止めのためにセンター抜擢を提案」AKB48・本田仁美(20)初センターの舞台裏 しかし卒業の意志は固く…

 AKB48の59枚目シングル「元カレです」が、5月18日に発売が予定される。センターポジションに初めて抜擢されたのは、IZ*ONEの活動を経て昨年5月にAKB48へ復帰したばかりの本田仁美(20)。

 本田は人気メンバーの1人だが、このタイミングでのセンター抜擢には“卒業阻止”をめぐる運営とのシビアな駆け引きがあったという。あるAKBの事務所関係者は、現在のAKB48における本田の重要性をこう語る。

「『元カレです』の制作に入る以前から、本田は運営に対して『卒業したい』という希望を伝えていました。本田はIZ*ONEとしての経験が大きな糧になったようで、『今後は日本ではなく韓国で芸能活動をしていきたい』という気持ちを強く抱いています。同じくIZ*ONEのメンバーだった宮脇咲良(24)がHKT48を卒業して韓国で活動していることも本田の気持ちに拍車をかけているのでしょう。しかしAKB48の運営サイドとしては、2代目総監督だった横山由依(29)、入山杏奈(26)などの主力メンバーが昨年末から相次いで卒業したタイミングで、本田にまでグループを抜けられるわけにはいきません。そこで引き止めのためにセンター抜擢を提案し、本田がそれを受け入れた形です」

本田仁美 本人インスタグラムより

 本田は12歳だった2014年に、チーム8の栃木県代表としてAKB48に加入。アイドルとして活動する前には地元のプロバスケットボールチーム「宇都宮ブレックス」のチアリーディングスクールにも通っており、ダンスのレベルは加入当初から高かった。その能力を活かして2018年には日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」でIZ*ONEのメンバーに選ばれ、2021年4月まではAKB48の活動を休止してIZ*ONEに専念していた。

IZ*ONE時代の本田 ©時事通信社

囁かれ始めたAKB48の解散説

「AKB48が最近ダンスに力を入れ始めたのは、本田仁美がキッカケと言われています。パフォーマンスのレベルが高い韓国から帰ってきたことで、本田は自分だけでなく他メンバーにも自らダンスを教えるなどグループ内ではリーダー的存在に。昨年9月に発売した『根も葉もRumor』はAKB史上最高難易度のダンスに挑戦したものでした」(スポーツ紙記者)