昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/05/01

マッチが頼った“戦友”「二枚看板でツアーをまわりたい」

 今年フリーになった近藤が直々に連絡したのが、かつての“戦友”野村だったのだという。

「『一緒に旅しない?』と電話したとラジオの収録で語っていました。『近藤真彦の看板ではなく、ヨッちゃんとの二枚看板でツアーをまわりたいんだ』、と。

野村義男

 でも意地の悪い目線で見れば、これはひとりじゃ自信がないからですよ。たのきんのうちのふたり、となれば集客は大きく変わる。何人か集まって開催される昭和歌謡のコンサートと似たノリを感じるんですよね」

 そう話すのはテレビ局関係者。この人物からすれば、もうひとつ気になる側面もあるという。

マッチへ「ちょっと虫がよすぎやしないか」

「今回のふたりのツアーが発表されたのは9月末。8月にマッチの恩人メリー喜多川さんの訃報がありましたが、メリーさんがお元気だったらどう反応したか、と。

 もちろん会場などは予約済みだったハズですが、結局謝罪会見などもせぬまま身勝手にバタバタとジャニーズを辞めた“長男”のこのツアーの内容に笑顔で賛成したかどうか……。11月のコンサートのときにも関係者席の中央に2つ空席を作り、『ジャニーさんとメリーさんの席』と言っていたそうですが、業界関係者のあいだでは『ちょっと虫がよすぎやしないか』と囁かれていました」

近藤真彦

 トシちゃんまで合流して「たのきん全力投球」再び!――となる可能性は低そうだが、マッチの“セカンドライフ”への重要な57歳の再出発。80年代を超える盛り上がりを見せられるか、踏ん張りどころだ。

2021年「エンタメ男性部門」BEST5 結果一覧

1位:「売れるのは狂える奴だ」「こいつはケタ違い」当時は鳴かず飛ばずだったのに…立川談志が気にかけ続けていた “意外な芸人”とは
https://bunshun.jp/articles/-/53856

2位:SPEEDの“プロ意識”「大人たち以上に失敗は許されない」、安室奈美恵は…DJ赤坂泰彦61歳が目撃した“とんでもない番組”『夜もヒッパレ』の舞台裏
https://bunshun.jp/articles/-/53855

3位:「それにしても残酷ないじめ方だった(笑)」三國連太郎が明かした…高倉健が受けていた激しすぎる“しごき”の実態
https://bunshun.jp/articles/-/53853

4位:優香40歳が涙して語った「志村さんしかいない」志村けんが“パートナー選び”に「隠し持っていたオモチャ」
https://bunshun.jp/articles/-/53847

5位:「ちょっと虫がよすぎやしないか」“トシちゃん抜き”で近藤真彦と野村義男がツアー開催 “アラ還アイドル”の《本当の人間関係》とは
https://bunshun.jp/articles/-/53846

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z