昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈明日を生きる気力がない〉〈皆さんさようなら〉

〈死ぬことばかり考えて仕事してる〉(3月30日)

〈仕事のことを考えると吐き気がして胸が痛くなるまでになった〉(3月31日)

中村さんのツイートには、苦しみが綴られていた
〈仕事のことを考えると吐き気が〉とのツイートも

 そして、4月1日未明。中村さんは〈明日を生きる気力がない〉などと投稿した後、こうツイートした。

〈皆さんさようなら〉

〈さようなら〉のツイートを最後に…

 ツイートはここで途絶えている。その数時間後、「無添くら寿司」の駐車場で、中村さんの車から火の手が上がった――。くら寿司本社に、中村さんが〈死ぬことばかり考えて仕事してる〉とツイートしていた事実を伝えた上で、再度、死の理由についての見解を尋ねたところ、〈前回ご回答させていただいた内容のとおりです〉と回答し、前回の〈個人的な事情によるものであることが推定されております〉との見解を変えなかった。

くら寿司の駐車場には焼けた中村さんの車が

 中村さんの姉が涙ながらに語る。

「両親は『良介のことをもっと気にかけてあげていたら』と憔悴しています」

 だが、遺族の苦しみはこれで終わらなかった。姉はこう語る。

「くら寿司の社員にはもう電話をかけてきてほしくないし、顔も見たくない。二度と実家に来ないでほしいと思っています」

 一体、何があったのか。4月27日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および4月28日(木)発売の「週刊文春」では、生前の中村さんが書き残したツイートの詳しい内容、遺族を怒りで絶句させたというくら寿司社員の言葉、そして遺族“恫喝”の一部始終などを詳報している。

この記事の写真(8枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー