昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あの男は森山家を乗っ取ろうとしてる」森山良子74歳が明かす、娘夫婦と息子・直太朗との“本当の家族関係”

森山良子さんインタビュー #2

2022/05/08

 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』のアニー・ヒラカワ役が大きな話題を呼んだ歌手の森山良子さん。長男は同じく歌手の森山直太朗さん、長女・奈歩さんの夫はお笑いコンビおぎやはぎの小木博明さんという芸能一家でもあり、「ざわわ」モノマネの清水ミチコさんとも仲良し。なぜ森山さんの周囲には自然と人が集まってきて、家族や友人たちと朗らかに日々を過ごせるのか。その秘密を聞きました。

森山良子さん

◆ ◆ ◆

「オギが来たことで、我が家はたおやかです」

――今日のお洋服、とても素敵です。

森山良子さん(以下、森山) 実はメンズサイズのものなんです。シャツはギャルソンで、コートはオギとおそろいなの。私が着てたら「かわいいですね。僕も買います」って。彼はLで私はS。オギは背が高いからなんでも似合うのよね。

――「オギ」とは、娘・奈歩さんの夫でおぎやはぎの小木博明さんのことですね。「お婿さん」に当たる関係かと思いますが、すごく仲良しですよね。

森山 超仲良しです。2世帯住宅にして隣に住んでいます。オギが来たことで、我が家はたおやかですね。裏表のない人だから気を遣わなくてすむの。

――小木さんだとどんな失礼な言動も笑いにしてしまうイメージがあります。

森山 家族みんなでディズニーランドに行くとき、「車の中で食べる朝ごはんに、おにぎりでも握っていこうか」と聞いたら「良子さんは現金だけ持ってきてください」。

 私の母はかつて「あの男は森山家を乗っ取ろうとしてる」と言ったことがありましたが、オギにそれを言ったら「バレちゃいましたか、意外に時間がかかった」と言っていました(笑)。

「やべえ。彼女の母親、森山良子だった」

――出会ったときから小木さんの印象は変わらずですか。

森山 芸人のまちゃまちゃさんの紹介で2人は付き合ったそうなのですが、うちはお客さんが多くて男女問わず子どもたちの友だちがたくさん来ていたので、お付き合いをしていることも知らなかったんですね。

 はじめて会ったときは、家に帰ったらオギがソファの上に足をのばして携帯をいじってたんです。「この子、態度悪いな」と思いました。

――ソファに寝そべる小木さんの姿がスッとイメージできますね。

森山 でも、紅茶を持って行ったら「いい香りのお紅茶ですね」とポツリ。「この子、悪い子じゃない」と思い直しました(笑)。

 あとで、「最初に家来たときすっごい態度悪かったでしょ。あれなんだったの?」と聞いたら、「やべえ。彼女の母親、森山良子だった」と友だちにメールを打っていたそうです。