昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“盗撮のカリスマ”斎藤果林容疑者が逮捕 犯行グループの一員が明かす“卑劣な手口”「若い女性が集まる連休にはグループで“温泉盗撮旅”へ」

組織的盗撮の実態#1

genre : ニュース, 社会

「被告人(斎藤果林被告)は常習として、山中で露天風呂に入浴中の女性らに対し、望遠レンズを接続させたビデオカメラを向け、撮影した」(起訴状より)

 静岡県警は2021年12月、“盗撮のカリスマ”こと斎藤果林被告(49)を兵庫県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕、静岡地検は同月起訴した。

 3月に静岡地裁で行われた初公判では斎藤被告は起訴内容を概ね認め、これまで確認された事実だけでも2021年7月に北海道、9月に兵庫県、10月に神奈川県と、被害は全国に及んでいる。また、共犯の古山輝被告(33)も、脱衣所で女児の裸を小型カメラで盗撮し、児童買春・ポルノ禁止法違反(盗撮製造)の罪で起訴されるなど、盗撮グループの卑劣すぎる犯行の全貌は明るみになりつつある。

「ゴールデンウイークなどの連休ではメンバーで予定を合わせ撮影に出かけることが多い」(元斎藤被告の盗撮グループのメンバーA)

 今年はコロナ禍で行動制限がない初のGWとなり全国各地の温泉宿が賑わいを見せるなか、すぐそこに潜む“危険”とは何か。当時の記事を再公開する。(初出2022年3月10日、肩書き、年齢等は当時のまま)

◆◆◆

「自然って美しいなぁ…」

 北海道の空に虹がかかる風景写真をFacebookにアップし、「僕らほど日頃の行いがいい人おらへんもん(キッパリ)」と、人が好さそうに書き込む男。

 その正体は、全国の露天風呂を行脚する“盗撮のカリスマ”と呼ばれる男だ。

斎藤容疑者らが盗撮をしたとされる某県の温泉 ©️文藝春秋

 静岡県警は2021年12月、兵庫県内の露天風呂で共謀し入浴中の女性を盗撮したとして、兵庫県迷惑防止条例違反の疑いで、斎藤果林容疑者(49)とその盗撮仲間の男らを逮捕した。(全2回の1回目/続きを読む

「盗撮に邪魔な木を切るため」にノコギリ所持

 静岡県警の署員が、静岡県藤枝市内の駐車場にいた斎藤容疑者の盗撮仲間の男を職務質問したところ、刃渡り6センチ超のノコギリを所持しており、銃刀法違反で逮捕。その後、「盗撮に邪魔な木を切るため」と話し、取り調べをすすめたところ、全国規模の組織的盗撮の可能性が浮上。押収されたデータなどから撮り師が次々と逮捕される事態となり、捜査は思わぬ広がりをみせている。

斎藤容疑者(本人のSNSより)

 気づかぬうちに被害者となり、ネット上で自分の入浴動画が売買される。そんな寒気のする犯罪行為から、どう身を守れば良いのだろうか。

 取材班は斎藤容疑者と現場を共にした元グループの1人であるAと接触 した。

「私は服を着ている女性をこっそり撮るのが好きなんです。それも褒められた行為ではないとわかっています。でも決してスカートの中を撮りたいとは思いませんよ! でも同好の士として斎藤とは行動を共にすることがありました。彼らのやり口を知るにつれ、さすがに一線を超えていると思い、嫌気が差してきて……。

 斎藤は以前にも一度逮捕されたが止めなかったし、また盗撮を繰り返すだろうと思います。今後同じ被害を生み出さないため、罪滅ぼしとして斎藤の手口を知ってもらいたい」

 そう言ってAはその周到かつ卑劣な事件の全貌と、組織的盗撮の手口を明らかにしたのだ――。

z