昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《なぜ女性は騙されたのか》逮捕歴3回の“一億円えっち男”が被害女性を連れ込んだホテルで「体型確認もしなきゃいけない」と… 「ブランドショッピングもCM出演も全部ウソだった」

1億円えっち男#2

genre : ニュース, 社会

 数日前からTwitterを中心に騒がれている“1億円えっち男”。

 芸能関係の仕事をしている女性に《某飲料メーカーのCMイメージに合っておられましたので》などと、あたかも仕事の話があるかのようなメッセージを送って誘い出し、大金をチラつかせて肉体関係を迫る手口で、過去に逮捕されている人物Xだ。

「その犯行手口から、Xは “1億円えっち男”と呼ばれていました。犯人は2009年3月に逮捕され懲役2年6カ月の実刑判決になった後、2013年2月、2019年1月にも同じような手口で逮捕され、それぞれ懲役4年、懲役3年の実刑判決が下っています」(大手紙社会部記者)

 いま、Xはまたもやこの犯行と酷似した手口で女性を誘い出しているという。

《突然のメールで恐縮です。実を申しますと偶然貴女のお写真をネット上で拝見いたしまして我々が現在企画しています某飲料メーカーのCMイメージに合っておられましたのでこの様なレアなケースですがメールさせて頂いた次第です》

Xが送っているDM(A子さん提供)

 12月4日、タレントのA子さん(20代)もこのような文章から始まるDMを受け取った。A子さんは甘い言葉に誘われ、Xと思われる男と“面談”したところ、年間2000万円以上の愛人契約をもちかけられた。男は《博報堂常務執行役員の大川博隆(仮名)》と名乗ったという。

XとA子さんとのやりとり(A子さん提供)

 大金と芸能界での成功の可能性に目が眩んだA子さんは、誘われるがままに《大川》とホテルへ行ってしまう。ニセの小切手に2000万円と書き込んだ《大川》は、A子さんにこう質問を投げかける。

「芸能界に入るということは枕営業も覚悟していた?」

 そうして、A子さんは男の術中にハマってしまったのだ――。

◆◆◆

 「体型確認もしなきゃいけない」

 A子さんは《大川》からの問いかけに「はい」と答えたという。

「これで売れることができるなら……と思ってしまいました。《ヒロさん※大川のこと》は『今後は枕営業の話があったら僕の世話になっていると言えば大丈夫だから』と。その後は『体型確認もしなきゃいけない』と身体を触られ、ベッドに座った《ヒロさん》から『こっちに来て』と誘われました」

《大川》は隣に腰かけたA子さんの身体を触りながら、「君を選んでよかった、素敵だよ」などと囁いたという。「《ヒロさん》でよかった?」という問いかけに、A子さんは「はい」としか答えられなかった。