昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈標高は約1900メートル〉ソファでくつろぎながら富士山を眺める…GWに行きたい、“知られざる”山梨の絶景・6選

genre : ライフ,

 時間のある連休は、素晴らしい景色を堪能し、リフレッシュする絶好の機会。関東の「絶景」を集め、紹介する。 

 今回はやまなし観光推進機構スタッフが選ぶ、山梨県にある6つの絶景をお届けする。 

ソファでくつろぎながら富士山を堪能

清里テラス(サンメドウズ清里提供)

 パノラマリフトに揺られること約10分、標高1900メートルの山頂近くに位置する「清里テラス」。眼下に広がる清里高原だけでなく、天気が良ければ富士山を眺めることもできる。 

「ご家族やカップルで楽しめるスペースが用意されていて、若者の間でも人気のスポットになっています」(やまなし観光推進機構スタッフ) 

所在地 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1 

https://www.sunmeadows.co.jp/green/parkguide/kiyosato_teracce/ 

深いエメラルドグリーンが幻想的な風景

尾白川渓谷(北杜市提供)

 雄大な甲斐駒ヶ岳に源を発する尾白川渓谷の見どころは、なんといっても深いエメラルドグリーンの渓流だ。   

「尾白川渓谷のある白州町は、ミネラルウォーターの採水地になっているほど、水の透明度が高いんです。大小さまざまな滝や淵から清らかな水があふれ出る、幻想的な風景が楽しめます」(やまなし観光推進機構スタッフ) 

尾白川渓谷(北杜市提供)