文春オンライン
《フジ『呼び出し先生タナカ』パクリ騒動を直撃!》アンガールズ田中がナイナイ岡村に“謝罪電話”「怒っていたらどうしようと思って……」 岡村が応えた意外な言葉は?

《フジ『呼び出し先生タナカ』パクリ騒動を直撃!》アンガールズ田中がナイナイ岡村に“謝罪電話”「怒っていたらどうしようと思って……」 岡村が応えた意外な言葉は?

 ある意味でフジテレビの「尻拭い」をさせられたとも言える田中。フジテレビに一連の騒動への見解や、事前に関係者への説明を行ったかどうかについて問い合わせると、文書で以下のように回答があった。

「制作の詳細に関してはお答えしておりませんが、特に問題が起きているとは考えておりません」

 田中の所属するワタナベエンターテインメント、岡村の所属する吉本興業にも一連の騒動への見解を問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

ADVERTISEMENT

タレントと二人三脚で番組を作るフジテレビの“伝統”は……?

 フジテレビにはこれまで、とんねるずやナイナイなど、他局と比べてタレントとスタッフの距離感が近く、共にヒット番組を作ってきた歴史がある。

20年以上に渡って人気番組であり続けた『めちゃイケ』 フジテレビ公式HPより

「“癒着”と揶揄されることもありましたが、それがフジらしいバラエティー作りの根幹だったはず。だからこそタレントもスタッフを信頼してイジってくれたり、表舞台に出したりしてくれた。今回、一番怒りを感じるのが、田中さん本人に直接、岡村さんに謝らせてしまったこと。最も大事にしなきゃいけないタレントに自分たちのミスの尻拭いをさせたわけですから、最近のウチの凋落ぶりを顕著に現していると思います。 

騒動に巻き込まれる形となったタナカ先生。番組の今後はどこへむかう……? 番組公式HPより

 景気が悪い時だから数字(視聴率)を追うのはもちろん大事です。でも、やっぱり会社の築いてきた根底にある“魂”みたいなものをないがしろにすると、こういうことになる……といういい例だったと思います」(前出の制作スタッフ)

《フジ『呼び出し先生タナカ』パクリ騒動を直撃!》アンガールズ田中がナイナイ岡村に“謝罪電話”「怒っていたらどうしようと思って……」 岡村が応えた意外な言葉は?

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事