文春オンライン

「主人が反対し始めて怖いんです…」カルト宗教にハマった母親が“味方”を求めて…10歳の娘をだました“ヤバい手口”

『カルト宗教信じてました。』#3

2022/06/11

genre : エンタメ, 読書

note
©たもさん/彩図社
©たもさん/彩図社

『カルト宗教信じてました。』(彩図社)は、「エホバの証人」にハマってしまった母親を持つ漫画家・たもさんの実体験を描いたコミックエッセイ。たもさん自身も10歳のときにエホバに取り込まれ、その世界にどっぷり浸ることに。本書では、洗脳から抜け出すまでの25年間が克明に記されています。

 ここでは、たもさんが小学5年生のとき、初めてカルト宗教の世界に足を踏み入れたときのエピソードを抜粋して紹介します。先にエホバに入信した母親が、娘を引き入れるために使った“ずるい方法”とは――。(全3回の3回目/最初からマンガを読む

◆◆◆

カルト宗教信じてました。

たもさん

彩図社

2018年4月27日 発売

カルト宗教やめました。

たもさん

彩図社

2020年1月28日 発売

「主人が反対し始めて怖いんです…」カルト宗教にハマった母親が“味方”を求めて…10歳の娘をだました“ヤバい手口”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
プロマンガ家募集!私たちと新たな作品を生み出してみませんか?応募はこちら