昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高知でカツオを堪能、16万円の出費で82万円分の旅を満喫…「弾丸フルムーン」12日間の旅【8日目〜最終日編】

#6

2022/06/12

 7日間の鉄道旅ですっかり「フルムーン」にはまってしまった夫妻。今回は北海道から鹿児島まで、12日間にわたる“特急乗りまくり&駅近ホテル泊”の旅に出た。

◆ ◆ ◆

「わざわざ」がこの旅のアイデンティティー

【8日目の行程】
博多7:30(シーガイア5号)宮崎13:07
宮崎14:19(きりしま11号)鹿児島16:20
「天然温泉 霧桜の湯 ドーミーイン鹿児島」泊

 フルムーンパスの旅第2弾も8日目。博多駅前泊にしたのは、博多駅朝7時半発のにちりんシーガイア5号に乗車するため。貴重な宮崎直通特急だ。

にちりんシーガイア号デラックスグリーン
深く倒れるシート

 グリーン車最前列には3席のみのデラックスグリーンがあり、別途料金を支払い押さえておいた(フルムーンパスでは乗れない)。ほぼフラットになる快適シートでコンセントも1席に2箇所ある。朝から酒宴、時に熟睡という宮崎までの5時間37分。

南国ムードの宮崎駅

 宮崎はすっかり春。みんなコートなんて着ていない。ワンマン特急きりしま号に乗り換え、車窓の桜島を愛でつつ、本日の目的地である鹿児島着。

もうすぐ鹿児島

 博多→鹿児島、新幹線なら1時間半のところをわざわざ9時間かけての行程。そう、この“わざわざ”はわがフルムーンパス旅のアイデンティティーだ。

 タクシーで天文館のホテルへ。夕食は馴染みの寿司屋へ。ぷりっぷりの自家製さつま揚げ、そして焼酎(もちろん寿司も)で疲れも吹っ飛ぶ。