昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈報告書公表〉多機能トイレで7時間“放置死” 東京メトロが認めた二つの怠慢

  2021年6月、東京メトロの多機能トイレで男性客が非常ボタンを押すも、駅員らの対応が遅れ死亡した事故。東京メトロは6月24日、『八丁堀駅お客様発見遅れに関する再発防止対策報告書』を公表した。多機能トイレの機能の不備があったことを受け「定期検査が必要な設備については確実に検査を実施する」としている。

 なぜ、男性のSOSは届かなかったのか。事故当時の様子や東京メトロの“二つの怠慢”をスクープした「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2022年3月10日掲載 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 救われたかもしれない命が――。

 昨年6月7日夜11時頃、東京メトロ八丁堀駅の多機能トイレ内で男性客が倒れているのが見つかった。

 メトロ関係者が語る。

「4、50代と見られる男性が横たわっていた」

「多機能トイレは在室が30分以上になると、使用中を示す青いランプが点滅します。ランプが点滅し続けていることに気付いた駅員が警備員と共にトイレの扉を開錠したところ、4、50代と見られる男性が横たわっていたのです」

 警察と消防に通報がなされた後、その場で救命措置がとられたという。

「しかし、救急搬送された病院で死亡が確認されました」(同前)

 後に警察などの調べで分かったのは、この男性がトイレ内にある非常ボタンを押した形跡があったということ。さらに、

「駅構内の防犯カメラを確認したところ、男性が夕方4時頃にトイレに入室してから発見されるまで、約7時間も経過していたことが分かりました」(同前)

画像はイメージです ©istock.com

 なぜ、男性のSOSは駅員に届かないまま放置されたのか。その原因は二つある。

「一つ目は、非常ボタンを作動させるブレーカーの問題です。通常、非常ボタンを押せば駅事務室の警報が鳴動し、すぐに駅員がトイレに駆け付けますが、八丁堀駅は何故か非常ボタンのブレーカーが切られていたのです」(同前)

 二つ目の問題も深刻だ。

「多機能トイレは、非常ボタンが押されなくても在室が30分を超えると、信号ケーブルを通じて駅事務室に警報が届くようになっている。ところが八丁堀駅は、このケーブルも繋がれておらず、まるで機能していなかったのです」(同前)

 安全を巡る“二つの怠慢”。東京メトロは事実関係を認めた上で、主に以下のように回答した。

「(トイレの)工事完成後に機能確認試験が行われていなかったこと、本体機能確認試験で確認漏れがないようにするチェックリストが無かったこと、定期的な動作確認が行われていなかったことが原因です。これを受け、緊急点検として、全箇所の非常ボタンのブレーカー及び信号ケーブルについて確認しております」

 信号ケーブルが繋がれており、非常ボタンも稼働していれば、この男性は命を落とさなかった可能性がある。今回の経緯を遺族に説明したのか訊ねると、

「ご遺族の連絡先を把握しておらず、お伝えしておりません」(同前)

 では、なぜ事故を発表していないのか。

z