昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

戸建て分譲最大手・飯田GHD社長がパワハラ、公私混同の告発文書で監査役が調査

 戸建て分譲の国内最大手、飯田グループホールディングス株式会社(以下、飯田GHD)で、昨年社長に就任した兼井雅史氏(55)の言動を巡り、公私混同やパワハラを批判する告発文書が監査役などに送付され、監査役らが社員らに対する聞き取り調査を始めていることが「週刊文春」の取材で分かった。

「週刊文春」が入手した告発文書、および同社関係者への取材によると、文書が監査役や一部の幹部、創業家などに送付されたのは今年5月。冒頭には〈以下、飯田グループホールディングス代表取締役社長兼井雅史が行っている行為である〉と書かれており、送り主は〈飯田グループホールディングス 株主〉。A4判1枚で、末尾には兼井社長の〈グループ会社を含む取締役の解任等の処分を求めます〉と記されている。

告発文書

 飯田GHDは2022年3月期の売上高が1兆3800億円、時価総額は約6000億円を誇り、およそ1万3千人の社員を抱える東証プライム上場企業だ。

「兼井氏は法政大学を中退後、1992年に飯田産業(現在は飯田GHDの子会社)に入社。2006年に飯田産業社長に就任し、昨年4月には飯田GHDの社長に就いた。現在は子会社ファーストウッドの社長や、他の子会社の取締役も兼務している」(経済部記者)

 告発文書に書かれている論点の一つが、兼井氏の社員へのパワハラだ。

〈従前より兼井雅史による従業員へのパワハラが常態化しており、グループ内において相当数の従業員が退職に追い込まれている〉

 こうした疑惑は本当なのか? 小誌が取材を進めると、複数の関係者から兼井氏によるパワハラ被害を訴える声が上がった。

「社長に強い口調で怒られると、下の人は黙ってしまう。すると『黙るな!』と言われる。かといって意見を述べると、それに関してまたさらに反論される。ある幹部は、最終的には“体調不良”で辞めました。資料を作って渡すと、一度は受け取ったのに、しばらく経ってから『なんなんだ! この資料は!』と叩きつけられたこともあります」(飯田GHD社員)

兼井雅史社長 ©時事通信社

兼井氏の妻が通っている教会の仕事で赤字が

 さらに、公私混同に関する疑惑も綴られている。

〈家族が懇意にしている教会の施工に関し、従業員を使って施工させ〉ているとある。

「東京・杉並区にある教会に兼井氏の奥さんが通っています。その縁があって、ファーストウッドが施工を請け負いました」(飯田GHD関係者)

 この教会の建て替え工事は昨年9月に始まり、今年2月に完成。

「約200平米の土地に建てられ、地下室もある。屋根の部分にはドームがあり、アーチ形に加工した特殊な木材も必要です。通常より手間のかかる建物にもかかわらず、この仕事には儲けが出なかったばかりか、最終的には数百万円の赤字が出ていると社内で囁かれているのです」(同前)

z