昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《多摩コンクリ詰め殺人事件》前夫は中国で不審死を…保険金3000万円を入手した40歳女性の“次のターゲット”とは

多摩コンクリ詰め殺人事件 #1

2022/07/03

「平成の毒婦」と呼ばれ2009年9月に逮捕された木嶋佳苗死刑囚は、婚活サイトで知り合って交際していた男性3人から大金をだまし取り、自殺にみせかけて次々と殺害。首都圏連続不審死事件として騒がれた。

 これと似たにおいのする事件がある。関係者の間で通称“金田洋子事件”と呼ばれる「多摩コンクリ詰め殺人事件」だ。事件について、当時捜査を担当していた元刑事らに話を聞いた。

夫の死亡保険金で「体験小説」を自費出版

 事件が発覚したのは2006年12月。交際していた60代の男性を殺害し遺体を切断、コンクリート詰めにして東京都多摩市の自宅床下に遺棄したとして逮捕されたのは、中国出身の金田洋子(当時40歳)だ。交際相手に金を貢がせた挙句、家屋を乗っ取るため殺害した女は、被害者とは別に同居していた男がいただけでなく、その男と自分の娘を遺体が埋められた家に招き入れ、一家団欒を楽しんでいた。

床下から遺体が見つかった多摩市の民家を調べる捜査員 ©共同通信社

 木嶋死刑囚の周りでは殺害された3人の他に、彼女と接点のあった複数の男性も不審死しているという。ぽっちゃり体型の女が、複数の男たちを手玉に取りながら、ブログでセレブな生活を演出していたことに世間は騒然となった。逮捕されてなお、無実を主張し、獄中で結婚離婚を繰り返し、『礼讃』という自伝的小説まで書いて2015年に出版している。

 金田洋子は、目鼻立ちははっきりしているが、コロコロの体型で決して若いわけではなかった。フランス人とのハーフだと偽り、被害者だけでなく複数の男と交際し、金を貢がせていた。

 結婚歴はあるが、前の夫は結婚後、金田の故郷である中国の重慶に一緒に帰省した際、突然死している。その死の原因は謎のままだ。夫の死により3000万という保険金を手にして、『自由の天使』という本を自費出版している。

『自由の天使』を実際に手にしたことがある元刑事A氏によると、本は日本語で書かれており、ペンネームは「安娜(あんな)」。上下各1000部が刷られ、帯には「体験小説」とあったそうだ。

 内容は、四川省の貧しい家庭に生まれた主人公が、広州市で事業に成功するが、天安門事件後に自由を得るため、恋愛関係にあった妻子ある日本人の部下と中国で結婚し、日本へ短期ビザで入国。男性とはすぐに離婚し、交際中の議員に男性を紹介してもらい、偽装結婚するまでが自伝風に書かれていたという。

 ネットで検索すると、本に掲載されているという金田の写真を見ることができる。天使というタイトルをイメージしたのだろうか。丸顔で、白いワンピースに白い髪飾りをつけ、男を挑発するようなに豊満な胸を強調し、芝生に寝そべってカメラレンズの方を向いている。周りの人たちに「私は作家ですから」と吹聴し、執筆家きどりだったという。

z