昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“売上げトップ”は大学院生 球場の「ビール売り子」人気の理由は“常連”つくる気配りと笑顔【福岡発】

source : 提携メディア

genre : エンタメ, スポーツ, 働き方

 

プロ野球観戦中のビールは、試合のお供ともいえる。そのビールを売る「売り子」の1人、さやかさん。売り子歴5年の彼女にとって、待ちに待ったフル動員だ。

 

重さ13kgの樽を背負い…球場内を売り歩く

さやかさん:
寂しかったです。ここでしか会えない方々とかたくさんいたので、そういう方に会えないのは寂しかったですね

 

福岡PayPayドームで行われたソフトバンク対阪神の交流戦。試合開始2時間前。開場とともに、売り子たちも客席を回り、ビールを売り始める。
さやかさんに、この日の目標を聞くと…

さやかさん:
170とか、180くらい行きたいなと思います

100杯を超えれば1人前と言われる中、高い目標に向けて気合十分。「がんばります!」と、観客席へ向かうさやかさん。
背負っている樽は、機材と合わせると13kgほど。4時間から5時間、休みをほとんど取ることなく、球場内を上へ下へと歩き回る。本当に体力がいる仕事なのだ。

 

新型コロナウイルスが流行して約3年。声が出せず、マスクで顔も隠れてしまうなか、どうやってお客さんに覚えてもらうか、考え抜いたさやかさんの答えは「トレードマーク」だった。

さやかさん:
頭のリボン。これを見て、呼んでくれる方は結構います

 

開場から約5分。

さやかさん:
飲みます? ありがとうございます!

早速、最初のお客さんを見つけたさやかさん。コミュニケーションも忘れない。

さやかさん:
きょう、どこからです?

客:
北九州

さやかさん:
そうなんですね! お疲れですね。ありがとうございます。楽しんでください

 

あっさり3杯を売り上げた。

さやかさん:
ビール飲む? みたいな話が聞こえたので、声かけてみました

 

お客さんの会話にも、さりげなく耳を傾けるという、ベテランならではの売り方だ。

思わぬトラブルも…客の追加注文に「早い!」

その後も、ハイペースでビールを売るさやかさんだったが、思わぬトラブルが彼女を襲った。

さやかさん:
ちょっと待っていただいていいですか、すいません

z