昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《旧統一教会会見の緊迫の舞台裏》「黒ずくめのスーツを着込んだ教団関係者が十数人陣取り…」会長が語った“メディア選別”の意図と“安倍家とのつながり”とは

2022/07/12

genre : ニュース, 社会

「メディアを分断するのか!」

「大メディアは恥を知れ!」

 参院選の投開票から一夜が明けた11日午後、東京都新宿区の京王プラザホテルに怒声が響き渡った。

 この日、会場ではある会見が行われようとしていた。

8日、検察に送致される山上徹也容疑者 ©文藝春秋 撮影/上田康太郎

 会見の主催者は「宗教法人世界平和統一家庭連合」。

 安倍晋三元首相の銃撃事件で、安倍氏を自作の銃で狙撃し、その命を奪った殺人容疑で逮捕された山上徹也容疑者(41)が、犯行の「動機」につながる組織として名指しした宗教法人である。

 旧名は「世界基督教統一神霊協会」。

合同結婚式や霊感商法の問題が取りざたされたことも

「統一教会」の名で知られるキリスト教系の新宗教で、1954年に韓国で創設され、64年に日本で宗教法人として認可された。日本では1980年代に、教団側が指定した男女同士が婚姻する「合同結婚式」や、先祖の因縁などの話を用いて高額な物品を売りつける「霊感商法」の問題が取りざたされたこともあるいわくつきの組織だ。

©共同通信

 山上容疑者は、奈良県警の調べに「多額の寄付をし、強い恨みがあった。団体と安倍氏が、つながっていると思ったから狙った」などと供述しており、一部メディアでは、その団体がこの旧・統一教会であることが明らかにされていた。

 こうした経緯を経て事件発生から3日後の11日、「公式見解を発表する必要がある」との教団の判断で会見開催が決まった。

 ただ、教団トップが出席して午後2時から始まった会見は、開始前から紛糾した。

 現場にいた記者の1人はこう証言する。

「教団側が、会見の案内を全国紙や通信社、キー局など一部メディアに限定して送り、週刊誌など他の媒体の出席を一切シャットアウトしてしまったのです。このため、会場の入口で入場を求めるメディア側と教団側が『入れろ』『入れない』と押し問答になり、開始前から異様な雰囲気になっていました」

会見に出席した報道陣

 厳戒態勢が敷かれた会場内にも独特の空気が流れていた。

 正面の壇上には教団トップの田中富広会長、澤田拓也総務局長が並んだ。

z