昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「街頭演説で名誉毀損」“夜回り先生”水谷修氏が参政党“銀座ママ候補”河西泉緒氏を提訴へ

「夜回り先生」の愛称で知られる元高校教諭で教育評論家の水谷修氏(66)が、先の参院選で参政党から東京選挙区に出馬した河西泉緒(かわにしみお)氏(41)を名誉毀損で、東京地裁に民事提訴することがわかった。

提訴を決めた水谷修氏 ©共同通信社

 参政党は比例代表で176万票を集めて1議席を獲得。政党要件を満たし、政党交付金も受けることになった。

 河西氏は現在銀座のクラブのオーナーママで、製菓の専門学校を卒業すると、パティシエとして働いたり京都の寺で精進料理を修業したという経歴の持ち主。20代前半の頃にはホームレス経験もあるという。参政党から東京選挙区の候補者として擁立された。

河西氏(本人ツイッターより)

 水谷氏が問題視したのは、そのホームレス経験に触れた6月21日の河西氏の街頭演説だった。

水谷氏からレイプされそうになったと主張

 河西氏は演説でこう語っている。

「ホームレスしたんですよ。鎌倉駅でずっと寝て泊まって1週間やったんですよ。(中略)1週間したら、いろんな事件が起こったんです。夜回り先生っていうのがいて。有名な。教頭先生のこんなかけて、『僕はこういう者です、君は何をしているんですか?』『ホームレスしてるの』『危ないよ! こんな若い子が』『いいの。私が自分の意志でやってるから』『ダメだ!』って言って携帯でいきなり奥さんに電話するんですよ。トゥルトゥルっていって、『うち狭いですけど、良かったら来てください』って奥さん言うんですよ。『いやいやいや、私好んでホームレスしてますから!』『ダメ、来てください。狭いけど』『ありがとうございます』って行くわけですよ。『歩いて10分くらいで着くから』って言って。5分、10分経っても着かないわけですよ。どんどん暗いところに行くわけですよ。どこ行くのかなぁ、『着くんですか?』と言ったら、浜辺に着いて。そこでいきなり押し倒されちゃって。ヤる、ヤらないで、すったもんだしたわけですよ。でも私ね、機転、ひらめいて、『え~、こんな砂場でイヤです。ちゃんとしたとこ、行きましょう』って手を引っ張って行って、そうしたら交番が出てきたんですよ、歩いて10分で。そこに入れて、『この人ね~!』って言ったんですよ。一応取り押さえられました。だけど私はそれでお金が欲しい人って警察に疑われちゃって、すごい職質されたりしたんですけど、ちゃんと事情を説明して、こうなってって言って砂場まで連れて行ったら、ちゃんと争った跡とか、私のここに手形のアザが付いていて、『ごめんね、疑って』っていうことで逮捕されちゃったんですね、その方。あと2カ月で退職金が3000万かな、もらえるのに、結局私が人の人生を巻き込んでしまったということで、すごく反省したんですよ。魔が差しちゃっただけなの。その人悪い人じゃないんですよ。そうやって、世の中助けてた人なんだから。新聞記事にもなっちゃったんだから、私」

 つまり、夜回り先生こと水谷氏に保護の名目で浜辺に連れて行かれ、レイプされそうになったというのだ。

z