昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「通りすがりの人が…」最側近・世耕弘成が明かす“選挙の鬼”安倍晋三が街頭演説にこだわった理由

「安倍さんは、選挙だけは本当に鬼だった。最後が街頭演説の現場だったというのも宿命を感じます……」

 そう振り返るのは、世耕弘成参院幹事長(59)だ。

 

安倍氏が総理のときに一番悩んだこと

 世耕氏は第一次安倍政権で首相補佐官、第二次政権で経産相などを歴任。安倍氏を支えた最側近の一人だ。

「『総理の時、何で一番悩みましたか?』と尋ねたことがありました。安倍さんの答えは『一番は解散。解散だけは誰にも相談できないから。やろうと思った時にやらないといけない』。14年11月の解散などは『まさか今……』と驚きましたね。直前まで誰も知らなかったと思います。でも、自公で大勝。結果的にベストのタイミングでした」

 各選挙区の情勢は常に頭に入っていたという。

「選挙が近づくと、総理執務室で、党がまとめた分厚い調査ファイルを見ながら『ここが良くないね』と議論したり。今回の参院選でも安倍さんのご自宅で一度、二人きりで情勢分析をしましたが、『清和会の〇〇が数ポイント負けているぞ』という感じで、すぐに数字がパッと出てきました」

z