昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「メッセージ動画を見てつながりがあると思った」山上容疑者が新供述 90m離れた駐車場に弾痕…強い威力か

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

「安倍元首相のメッセージ動画を見て宗教団体とつながりがあると思った」
安倍元首相が街頭演説中に銃撃され、死亡した事件で逮捕された山上容疑者(41)は犯行動機について、新たにこう供述していることが分かった。

 

山上徹也容疑者の犯行動機や計画性が徐々に明らかになってきた。

90m離れた駐車場に弾痕か

 
 

警察は、これまでよりも範囲を広げて現場検証を行い、安倍元首相が銃撃された現場から90mほど離れた立体駐車場の壁面に弾痕のようなものが見つかった。

 
 

警察によると、確認されたのは高さ4mから8mの壁面に、合わせて3カ所。中から弾丸のような金属片が出てきた。

山上容疑者の銃から放たれた弾だとすれば、かなりの威力であることが分かる。

「安倍元首相のメッセージ動画を見てつながりがあると思った」

 

山上容疑者はこれまでに「母親が宗教団体にのめり込み多額の寄付をするなどして、家庭生活がめちゃくちゃになった。団体に恨みがあった」と供述。

捜査関係者によると、さらに山上容疑者は「安倍元首相のメッセージ動画を見て団体とつながりがあると思った」と話していることが新たに分かった。

また、山上容疑者の母親が「祖父の土地や財産を勝手に売って団体につぎ込んだ」という趣旨の話をしているという。

安倍元首相は、去年、宗教団体の友好団体にビデオメッセージを寄せている。

親族が証言「母親は夫が亡くなってから宗教にのめり込んだ」

FNNは山上容疑者の親族に話を聞くことができた。

 

この親族は「35年ほど前、山上容疑者が小学生に上がる前くらいに父が亡くなった。(山上容疑者の)母親は夫が亡くなってから宗教にのめり込んでいたと思う」と証言した。

また、山上容疑者の兄が大病を患った関係で亡くなったことも、母親が宗教にのめり込む一因になったのではないかと話している。

 

警察は、山上容疑者の自宅から手製の銃数丁を押収。自宅からはほかにも銃弾を作るためとみられる金属球も見つかっていて、山上容疑者が計画的に犯行を準備したとみて調べている。

z