昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

 事務所退所後、ファンクラブを開設。月額550円で、オリジナルグッズの販売やファンクラブサイト限定の写真や動画を配信している。昨年12月には、ABC-MARTで販売される「adidas Originals ミッキー&フレンズコレクション」のモデルにも起用された。

斉藤(本人のInstagramより)

 そんな斉藤だが、乃木坂在籍時からスキャンダラスな一面ものぞかせていた。加入から間もない2012年6月に彼氏とのプリクラが流出。ファンらに衝撃が走り、乃木坂運営は「メンバー加入以前の行動については原則、犯罪行為を除いて不問といたしております」と声明を発表する事態に発展した。

「週刊文春」(2015年8月13、20日号)では、俳優の太田将熙(27)との交際と“誕生日朝帰りパーティー”が報じられたこともあった。このパーティーが開催されたのは2015年7月19日。“夏女”はちょうど7年の時を経て、2022年7月19日に冒頭のシーンを繰り広げたわけだ。

路上キス後、時間差で同じマンションへ

 19日夜、2人が待ち合わせたのは、路地裏でキスを交わす3時間前。20時過ぎ、神楽坂の路地裏に、黒いバケットハットを被り、モノトーンのワンピースを着た斉藤が佇んでいた。ほどなくして斉藤のもとに同じく黒いバケットハットを目深に被った本髙が近づいて行く。白いTシャツ姿で白いワイドパンツに黒いリュックとラフな格好だ。

本髙との待ち合わせ場所に向かう斉藤 ©文藝春秋 撮影/細田忠

 合流した2人はそのまま路地の奥へ進み、一軒家風のレストランの前で立ち止まった。入り口にある暗証番号を入力し、店の中へと入っていく。この店は従業員と顔を合わせることなく料理を楽しむことが出来るコンセプトの隠れ家レストランだ。

 3時間ほど食事を楽しんだ2人は、談笑しながら店から出てきた。この日は斉藤の誕生日前日ということもあってか、斉藤は手に入店の際には持っていなかった「CELINE」の白い紙袋を提げている。CELINEのアイテムは斉藤のInstagramにもたびたび登場する。彼女のお気に入りブランドなのだろう。

斉藤の手には誕生日プレゼントで貰ったであろうセリーヌの紙袋 ©文藝春秋 撮影/細尾直人

 店から出た2人は、店前ですぐに唇を重ねた。その後、50メートルほど歩いた人気のない路地で立ち止まり自然な流れでまたキスをし、手を繋いで駅へと歩いて行った。

z