昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ジャニーズJr.「7MEN侍」本髙克樹が元乃木坂46斉藤優里と「東大王美女」と“二股交際” しかも斉藤はサラリーマン男性と…《泥沼の四角関係スクープ撮》

genre : エンタメ, 芸能

 ジャニーズJr.「7MEN侍」本髙克樹(23)と元「乃木坂46」斉藤優里(29)の2年以上にわたる熱愛。斉藤の誕生日の前日である今月19日には、東京・神楽坂の路地裏で熱いキスを交わす2人の姿もあった。

斉藤の手には誕生日プレゼントで貰ったであろうセリーヌの紙袋 ©文藝春秋 撮影/細尾直人

 だが、その4日後の同月23日。本髙は斉藤とは別の女性のマンションへと入っていったのだ――。(#1より続く)

◆ ◆ ◆

マンションから一緒に出てきた女性とは

 本髙は、6人組のジャニーズJr.のバンドグループ「7MEN侍」で、キーボードを担当している。昨年4月に早稲田大学大学院創造理工学研究科の修士課程に進学した知性派で、『Qさま!!』(テレビ朝日系)など様々なクイズ番組にも出演している。

 23日21時10分、本髙は周りを気にしている様子でキョロキョロと周囲を確認し、マンションのインターホンを鳴らし、中へと入った。この日も黒いバケットハットを目深に被っている。

黒いバケットハットを目深に被りマンションへと入っていく本髙 ©文藝春秋

 それから約15時間後の翌24日12時半、本髙が女性と揃ってマンションから出てきた。本髙は前日と同じく黒いバケットハットに銀縁眼鏡、ヤシの木がプリントされた黒シャツといういで立ち。一方、女性は灰色のシャツに黒色のパンツ姿で黒いキャップを被っている。

24日の12時半頃、女性の自宅から出てきた2人は腕を組み、日傘で相合傘。本髙はいつも通り帽子に眼鏡のフル装備で、女性も日傘の下で帽子を被っていた ©文藝春秋 撮影/細尾直人
日傘の下でぴったりと体を寄せ合う2人 ©文藝春秋 撮影/細田忠

 この日、東京は真夏日で、強い日差しが差していた。そんな日差しを避けるように女性が日傘を差し、本髙と相合傘で駅まで歩いて行く。日傘を持つ女性の腕に、本髙が腕を絡めている。本髙を駅まで見送り、2人は解散した。

z